香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

言い返せ!(6月6日)

f:id:shusaku1:20210519124613j:plain

 

※以下の記事は6月6日に書かれたものである

 

 

新しい職場へ移って一週間が過ぎた。

 

新しい職場で一人緊張してちょちょ舞う症候群

 

からも、なんとか4日で脱却できた。

 

 

で、今日は、入社5日目にして、

 

中国の社員40人、香港の社員12人の前で、

 

中国の深圳オフィスにいる日本人総経理が

 

発表する新規事業計画の内容を、

 

北京語で同時通訳してくれ、と言われた。

 

ZOOMの画面共有で映し出されるパワポの資料

 

に沿って説明する総経理の日本語を、

 

僕が北京語で通訳してゆくのだ。

 

それに、このパワポの資料、60ページもある。

 

 

事前に資料は渡されていたので、

 

専門用語や発音は前もって調べることができた。

 

当日、まあ大体ちゃんと通訳はできたのだが、

 

なんせ60ページもあるため、最後の方になると、

 

とても疲れてきて、頭が朦朧となった。

 

 

一時間半にも及ぶ報告会を終えた瞬間、

 

その場にいた香港人スタッフから、

 

僕に向けて、ねぎらいの拍手が起こった。

 

しかし、日本人の総経理からは、

 

「広東語は完璧だけど、北京語は最後の方、

 

 ちょっとまごついたね」

 

と言われた。

 

で、僕は次のように言い返した。

 

「〝トータルイノベーションを深掘りし、

 

  市場セグメントを構築し展開してゆく〟

 

  こんな文章、どう訳せっちゅうねん!

 

  そもそも、日本語の意味さえわからへん!」

 

僕の方が年上なので敬語なんか使わない。

 

総経理は、ただ画面の向こうで笑っていた。

 

 

以前の僕なら、

 

うまく通訳できなかったことを気にして、

 

くよくよ自分を責めていただろう。

 

しかし、今の僕は、

 

「じゃあ、おまえ北京語喋ってみろよ!

 

 喋れる俺が、喋れないお前に、

 

 何か言われる筋合いなんかないんだよ!」

 

という感じである。

 

それと、

 

拍手を送ってくれた

 

香港人スタッフの愛にフォーカスし、

 

感謝と神の感じを味わった。

 

 

言い返さないことは、美徳でも赦しでもない。

 

言い返しても、攻撃したことにはならない。

 

言い返せるということは、

 

自分(神側)に真の力が戻っている証拠である。

 

言い返した➡攻撃した➡そんな自分に罪悪感

 

に陥ってしまうことこそが自我である。

 

 

そんなわけで、

 

新しい職場ではもう、仕事は二の次、

 

もう、自分で在り、兄貴で在り、神に気づいている

 

ことだけに集中する毎日である。

 

 

自分の選択=神の選択、だと解かって以降、

 

いま顕われているこの環境こそが最善なのだ

 

と智った。

 

神は全肯定であり、

 

自分が選択した結果である今の環境も、

 

すでに神によって全肯定されている。

 

 

兄弟は言い返されるのを待っていて、

 

そのためにいろいろ仕掛けてくる!

 

ちゃんと自分の本音を解放しろよ、と…。

 

そして、ちゃんと言い返せたとき、

 

相手は本来の優しい人に戻るのだ。

 

こうして、その相手はずっと、

 

自分の最大の味方であったことを知る。