香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

過剰反応

f:id:shusaku1:20210618014220j:plain

 

 

怒り、悲しみ、不安、恐怖、を聖霊と一緒に見て、

 

聖霊にこの間違った思いを明け渡しなさい、

 

と奇跡講座では言われるが、これって結局、

 

聖霊と一緒に、思い切り怒り、思い切り悲しみ

 

不安や恐怖に思い切りのたうち回ることだ、

 

と僕は思っている。

 

 

そうなのだ、聖霊と一緒に見る、ということは、

 

これはわたしのものでありまっせーん、

 

これは神の子のわたしとは関係ありまっせーん、

 

ではなく、

 

「むっかつくー、ふっざけんなぁー、この野郎!」

 

「もうだめだ、悲しすぎて生きていけない」

 

「どうしよう、どうしよう、どうしよう、こわいよー」

 

を、聖霊と一緒にとことん味わい、吐き出す。

 

聖霊は、どんなことを言ってもやっても、

 

「サイコー、ウケるぅー、そうだそうだ、いいぞー」

 

しか言わない。

 

その食い気味に全肯定してくる声を聴くことが、

 

明け渡す、聖霊に癒してもらう、の意味である。

 

 

f:id:shusaku1:20210618014232j:plain

 

 

多分皆さんも経験したことがあると思うが、

 

新しい学校、新しい職場、新しい土地、など、

 

環境が変われば、緊張や警戒心も出てきて、

 

何かと自意識過剰になりがちだ。

 

その過剰反応の仕方は人それぞれだと思うが、

 

僕の場合は、自分のことを何か言われている、

 

という過剰妄想だ。

 

みんな普通に仕事をしているだけなのに、

 

なんかみんなから注目され、

 

意識されているように思えてしまうのだ。

 

なので、新しい職場に移ってからは、

 

仕事中もずっと自分の内側と対話していた。

 

今の僕はすでに、自分との対話が兄貴との会話

 

に直結してしまっているので、

 

結局、兄貴とずっと喋り続けていることになる。

 

そして、その間は背後側(神側)にいられるので、

 

自分を全肯定していられるのである。

 

 

というわけで、あんまり仕事をしてる感覚がない。

 

神に繋がっていることと小説だけの毎日である。