香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

午後のモヤモヤ

f:id:shusaku1:20210612224128j:plain

 

 

今日は、

 

公務員の友人が、僕の転職祝いだと言って、

 

金鐘(アドミラルティ)の5つ星ホテル、

 

The Upper House(アッパーハウス)の最上階、

 

49階のSakisterraへランチに招待してくれた。

 

素材の味を生かした美味しい料理はどれも絶品、

 

土曜の午後を神の幸せに浸りながら過ごした。

 

 f:id:shusaku1:20210612224226j:plain

f:id:shusaku1:20210612224153j:plain

f:id:shusaku1:20210612224214j:plain



この友人、公務員と言ってもすでに定年していて、

 

毎日暇なので、色々なことにカコつけては、

 

食事に誘ってくれるのだが、

 

彼の退職金の額をきいてびっくりした。

 

400万香港ドル(約5,500万円)だってーっ!

 

それに、毎月30万円ほどの年金が、

 

死ぬまで支給されるとか…。

 

どっひゃー!これ全部、国民の税金です。ハイ。

 

 

もちろん、90年代に法が改正され、

 

それ以降に入職した公務員には、

 

退職金や年金は支給されなくなったが、

 

イギリス領時代に入った公務員には、

 

旧制法が適用されているのだという。

 

 

それを聞いて、ご馳走になることに、

 

なんら罪悪感が無くなった僕は(笑)、

 

大いに食べ、大いに飲んだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210612224103j:plain

f:id:shusaku1:20210612224115j:plain

 

 

この友人、いまは、コーヒーの学校へ通ったり、

 

パン作りの講座を受講したりしている。

 

そんな悠々自適な話を聞いているうち、僕の中で

 

なんだか、モヤモヤするものが出てきた。

 

 

「こいつ、人生うまくやりやがってーっ」 

 

「ゆるゆる公務員がこんな待遇、ズルすぎる!」

 

「民間企業で働いている自分がバカみたいだ」

 

怒りまではいかないまでも、嫉妬や羨みのような、

 

なんか腑に落ちない思いが出てきたのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210612224345j:plain

 

 

それで、

 

家に帰ってから、自分の本音に向き合った。

 

結果、自分もこの友人みたいになりたい、

 

と思っていたことに気づいた。

 

自分の本音は、十分な金銭的豊かさがあり、

 

何の制限も受けることなく、悠々自適に、

 

起きたい時に起き、寝たい時に寝て、24時間を、

 

自分の為だけに使って生きていきたい、だった。

 

 

そして、そうなれることも確信した。

 

どうやってそうなるかは考えない。

 

僕の仕事は、ただ本音の自分を明確にすること、

 

それだけなのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210612224321j:plain

👆 ここはトイレです

 

 

誰かの言動や境遇にモヤモヤした時というのは、

 

自分の中にも同じ思いがあるのでモヤモヤする。

 

それは、本当は自分はどうしたいのか、

 

を探し出せる大いなる機会でもあり、

 

自分もそうなれるからこそモヤモヤするのだ。

 

だから、きちんと自分もそうなりたい、と認める。

 

それが、抵抗を止める、を実践することとなる。