香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

さよなら〝りんご日報〟

f:id:shusaku1:20210627045818j:plain

 

 

26年間〝香港の本音〟を伝え続けてきた新聞

 

アップルデイリー(蘋果日報)が、

 

6月24日を以って廃刊となってしまった。

 

僕が香港在住27年だから、

 

ほとんど、この新聞と同じ年月を歩んできた。

 

何しろ取材力がすごくて、それもオールカラー、

 

日経と東スポを一緒にしたような新聞だった。

 

 

他紙が中国共産党に迎合する記事を書く中、

 

香港で唯一、反中共として、

 

香港の民主化を訴え続けてきた新聞であり、

 

いわば、香港の民主の象徴でもあった。

 

しかし最近は、中国共産党に忖度した企業が、

 

この新聞に広告を載せなくなったり、

 

CEOや幹部が次々に逮捕されたりして、

 

存続が危ぶまれていたが、多くの市民の援助で、

 

なんとか発行が続けられていた。

 

しかし今回、国家安全法に違反したとして、

 

アップルデイリーの全ての資産が凍結されたため

 

事実上、経営が困難となってしまった。

 

f:id:shusaku1:20210627045913j:plain

 

 

それで、最後の新聞が発行される24日の朝、

 

僕は早起きして新聞スタンドに向かった。

 

スタンドには長蛇の列ができていた。

 

それでもなんとか、

 

売り切れ寸前の最後の新聞を買うことができた。

 

 

市民はみんな、

 

政府機関御用達の〝大公報〟をはじめ、

 

そのほかの新聞には目もくれない。

 

それを見て僕は〝本音〟と言うものが

 

いかに大切かということに気づかされた。

 

 

本音というのは〝本当の音〟と書く。

 

いくら、上っ面だけで色んなことを言っても、

 

僕たちは本当の音を感じる力を持っているのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210627050010j:plain

 

 

よく考えてみると、

 

「中国共産党の存在価値さえ脅かさなければ、

 

 いくらお金を稼いでも大丈夫ですよ、しかし

 

 何が良くて何がだめかは我々が決めますから。

 

 従わなければエライ目にあわせますよ」

 

という脅迫は、普段、自分の頭の中に鳴り響いて

 

いる自我の声そのものではないか。

 

ある人にとってそれは、父親や母親の声として、

 

ある人にとっては上司の声として聞こえたりする。

 

僕達はいつもその声に怯え、

 

本来の自分ではない行動を取ってきた。

 

本当の音を出さなくなってしまったのだ。

 

 

というわけで、これからはどんなことがあっても、

 

怖れずに本当の自分を表現して生きよう、

 

と心を新たにした一日だった。