香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

気怠い土曜日

f:id:shusaku1:20210627044008j:plain

 

 

今日は、不動産屋を営む日本人の友人と、

 

モンコクにあるモロッコバー〝be humble〟へ

 

シーシャ(水タバコ)を吸いに行ってきた。

 

 

ビルの18階にあり、看板も出ておらず、

 

一切宣伝をしない隠れ家的ラウンジである。

 

そして、

 

エレベーターを降りれば、もうそこはモロッコ。

 

行く前は、なんちゃってモロッコなんだろうな、

 

と思っていたが、実際行ってみると、

 

水タバコをはじめ絨毯や家具などの内装は全て

 

モロッコやトルコから取り寄せたものだという。

 

 

f:id:shusaku1:20210627044104j:plain

f:id:shusaku1:20210627044025j:plain

f:id:shusaku1:20210627044038j:plain

 

 

水タバコにもいろいろあるらしく、

 

調合師と相談しながら調合してもらう。

 

僕たちはブドウに薄荷を混ぜたものを注文した。

 

水を通すのでニコチンはほとんどなく、

 

香りを楽しむと言った感じか。

 

友人は鼻からすごい煙を吐いているが、

 

元来タバコを吸わない僕は、

 

吸い込み方が分からずうまく煙を吐き出せない。

 

それでも、絨毯やクッションに寝そべり、

 

ジャックダニエルのロックを飲みつつ、

 

白く煙る店内で水タバコを吸っていると、

 

本当に中東にいるような気分になってきた。

 

f:id:shusaku1:20210627045759j:plain

f:id:shusaku1:20210627044141j:plain

 

f:id:shusaku1:20210627043956j:plain

 

 

不動産屋を営むこの友人もまた、

 

奥さんや息子が来月イギリスへ移民するので、

 

それを機に自分も、今年一杯で商売をたたみ、

 

日本へ帰国するのだという。

 

(イギリスではない。👈 哀)

 

彼とはもう27年の付き合いになり、

 

僕が住むアパートも全て彼の案内だった。

 

やはり、政治的にも香港は変わってしまったし、

 

閉塞感を感じるのが撤退の理由らしい。

 

 

f:id:shusaku1:20210627044115j:plain

f:id:shusaku1:20210627044128j:plain

 👆 ポルターガイストみたいな煙を吐く友人

 

そしてこの友人もまた、

 

日本にマンション物件をいくつか持っており、

 

その家賃収入で一生食べてゆけるという。

 

なんか最近、

 

こういう〝悠々自適〟な人々を多く見せられる。

 

「僕もそうなりたい、本当は働きたくなんかない」

 

と望んでいる証拠なのだと思う。

 

もう、キャリアを手放し、創作に専念する時期が

 

来ているのだな、と直感すれば、

 

僕自身、とてもワクワクしてきた。

 

 

f:id:shusaku1:20210627045743j:plain

👆 インスタ映えするらしく、女の子が多い

 

こうして、

 

アンニュイで気怠い〝いま〟を楽しんでいると、

 

とても幸せな気分が込み上げてきた。

 

これは僕の場合だが、

 

〝自分、自分、自分〟と唱えていると、

 

どんどん背後の内側へ入ってゆき、

 

最後は無限の全体に繋がってゆく。

 

この〝自分〟と言うのは、個の自分ではなく、

 

すでに気づいているもう一人の自分のことで

 

そこを感じることで、神を思い出す感じなのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210627043930j:plain

f:id:shusaku1:20210627043918j:plain



そんな感じで、家に帰ってきてからも、

 

シーシャの香りが胸に残っているのを感じる。

 

水タバコって、後からじわじわ来るんだね。

 

 

というわけで、とってもデカダンで脱力な、

 

土曜の午後を過ごした僕であった。