香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ムシムシ男

f:id:shusaku1:20190527000547j:plain

 

今日は、銀行まで、小口現金を下ろしに行ってきた。

 

秘書のケリーが退職してからというもの、

 

自分で銀行へ行き、自分でお金を下ろしている。

 

それだけでなく、歯医者の予約や、税金申告や、

 

航空券や、社用車の手配ですら自分でやっている、

 

なんだか、ここ一年で、

 

自分ひとりでできることが大幅に増えた気がする。

 

おっさん、成長しましたっ!

 

f:id:shusaku1:20190527000602j:plain

↑ 今年もドリアン祭りが来たよ!

 

心の中(決断の主体)へ戻って赦しをしてゆく際には、

 

起きている基となっている原因を直視してゆくわけだが、

 

僕の場合、幻想の〝罪悪感〟を見て光に晒したあとは、

 

赦した内容をさっさと忘れてしまうことにしている。

 

そうすることで、罪悪感など存在せず、世界は無である、

 

の中を生きていることになる。

 

 

どういうことかと言うと、

 

例えば、仲間内で、自分だけ、微妙に無視されていたり、

 

いつも損な役回りばかり押し付けられたり、

 

あからさまに不当な扱いを受けているとする。

 

そんなとき、心(決断の主体)に戻って、

 

自動的に湧き出してくる毒素のような罪悪感を凝視し、

 

〝これ、起こってないよ〟という聖霊の声を聴いたなら、

 

あとは、その事には一秒たりとも意識を向けないこと、

 

たとえ、兄弟が自分の目の前で、

 

どんなパフォーマンスを繰り広げていたとしても、

 

いったん心に戻り、間違った想いを聖霊へ捧げたなら、

 

その兄弟がやっていることには一切関知しない。

 

勝手にやってろ、くらいな感じで放っておくのだ。

 

それが、実践ベースでの世界を実在させない、または、

 

自我を断固拒否する、ことだと思うからだ。

 

 

ただ、ここで大事になってくるのは、

 

〝先に赦す〟ということだ。

 

世界は無い、こんな兄弟は存在すらしていない、

 

だけが先行してしまうと、せっかく出てきた罪悪感を、

 

今度は逆に抑圧してしまうことになる。

 

そうやって、抑圧されたものが再度世界に投影され、

 

それを見てまた「兄弟なんていないんだぁ」とやる。

 

 

というわけで、これからは、

 

世界を無視でもなく、誰かを否定するのでもなく、

 

無いものは無い、と、真に放置しておけるよう、

 

心を訓練することが、重要な鍵となってくる。

 

 

なので、一旦、即行聖霊のいる場所まで戻り、

 

本当の原因を直視したら、あとはもう、

 

相手が何をしていようと、

 

「ああ、はいはい。わかった、わかった。」

 

でいい。

 

 

 

謎の香港あるある

f:id:shusaku1:20190527000558j:plain

↑ これが今の僕の心の中

 

日曜日は人が多いので滅多に外出しないのだが、

 

ベッドのシーツが古くなって擦り切れてきているので、

 

新しいのを購入しておいてくれ、とチョイ姐に言われ、

 

コーズウェイベイにある 香港そごう にやって来た。

 

案の定、店内は大陸からの爆買客でごった返していた。

 

ちょっと失礼な表現かもしれないが、

 

イナゴの大集団が、突如、稲田に押し寄せ、

 

稲穂を全て食い漁って去って行く感じ…。

 

 

それから、最近、とみによく見かけるようになったのが、

 

お父さんと高校生くらいの息子が手を繋いで歩く光景だ。

 

父親と息子が、腰に手を回して歩いているのもよく見る。

 

最初はゲイのカップルかと勘違いしたりしていたが、

 

不思議なことに、息子と母親、娘と父親、娘と母親、

 

〝イチャついている〟場面は見かけない。

 

なぜか必ず、父と息子、なのだ。

 

ほんと、奇妙な〝香港あるある〟である。

 

f:id:shusaku1:20190527000606j:plain

↑ 今日はこんな恋人つなぎの親子を3組見かけた。 

   これもむき出しになった僕の心の中だ。ひっ!

 

シーツを買った後、自主トレをしにジムへ向かった。

 

トレーナーが格闘技の試合で日本へ帰国しているので、

 

その間トレができなくなる、ということで、

 

自主トレで事前に指示されたメニューをこなすためだ。

 

トレッドミルで30分走り、ダンベルプレスをした後、

 

120キロのバーベルを担ぎ、スクワットをした。

 

 

こうして、聖霊兄貴を常に思い出しながら、

 

普通に日常生活を送り、その中で湧き起こってくる、

 

様々な想いをみつめてゆく。

 

 

一体何のために、こんな赦しをしているのか、

 

と、ふと思ったりする。

 

それはきっと、

 

この世界とは全く関係のない〝歓び(悦)〟のためだ。

 

 

大好きな人と愛し合う歓び、成功のエクスタシー、

 

大切な人や物や環境に囲まれて過ごす幸せ、または、

 

あらゆる刺激的な体験からくる快楽、そして、

 

美味しいものを食べたり楽しい至福のひと時を過ごす、

 

といった、五感からくる歓びとは完全に無関係な悦び。

 

その天国(ハート)の悦びは、不変であり、永遠である。

 

 

ただ、誤解を避けるために言っておくならば、

 

その神の歓びを得るために赦しを実践するのではない。

 

何かを得ようとするのは肉体の自分であり自我である。

 

神の歓びは、肉体の自分(自己概念B)には属さない。

 

要するに、

 

自分の本質は神の子のエクスタシーそのものであり、

 

それはもう、初めからここに在ったことを智るために、

 

世界を赦してゆくのだ。

 

f:id:shusaku1:20190527000552j:plain

 

僕は、このブログでも、今日はこんなことした、と、

 

日常的な出来事についてあれこれ書いたりするが、

 

まあ中には、日常を語ったり、世間話をすることで、

 

幻想の世界を実存させていることになる、

 

と教える教師もいるが、僕の場合、

 

このブログは、実践の記録として書いているので、

 

気づいた後の美しい言葉だけを綴っていると、

 

そのとき、その時代に、自分はどんな状況にいて、

 

何を考えていたのかがわからなくなるので、

 

できるだけ、その当時、自分がしていたことを、

 

具体的に書くようにしている。

 

また、日常は、

 

自分が心の中で何をしているかを見せてくれる

 

大切な投影の場でもある。

 

だから、僕の場合、日常を語らないと、

 

日常の中に隠された、実相に戻りたくない思い、

 

〝神から離れた劇場〟の一つ一つをどうやって赦したか、

 

が、後々わからなくなってしまうのだ。

 

 

ということで、ジムを終え、家に着いた時には、

 

人酔いで、めまいを起こしたボクであった。

消えてゆく姿

f:id:shusaku1:20190522233927j:plain

 

今日は土曜日。

 

家から一歩も出ず、リビングでウダウダと過ごしている。

 

裏の森ではアブラゼミが鳴き、黒アゲハが舞い始めた。

 

そう。今年も香港の暑い暑い夏がやってきたのだ。

 

 

そして、去年の今頃は何をしていたのかなあ、と、

 

一年前のブログを読み返してみると、

 

日大アメフト部悪質タックル問題について書いている。

 

こうして振り返れば、どんな出来事もただの記憶であり、

 

本当にそれを体験したのかどうかもあやふやである。

 

そういう意味で、僕たちは、ただ、

 

消えてゆく姿の中を生きているのかもしれない。

 

f:id:shusaku1:20190522233921j:plain

 

冷房をガンガンに効かせ、餃子の昼食を取った後、

 

コーヒーを飲みながら、フォーラムの復習をした。

 

 

1.所有するためには、全ての者に全てを与えなさい。

 

2.平安を持つためには、平安を学べるように、

 

  平安を教えなさい。

 

3.神と神の国をまもるためだけに警戒していなさい。

 

 

これら聖霊のレッスンの意味することが、

 

ようやく腑に落ちて理解できてきた今日この頃である。

 

 

何のサポートも無いままに奇跡講座のこの部分を読むと

 

「全ての者に全てを与えるなんて不可能だよ。」

 

「平安を教えるとは先生みたいに講義をする事なのか。」

 

「神の国は僕たちが護らなければ破壊されてしまうの?」

 

となるのだが、ちゃんとした教師から学ぶと、

 

それは心の中で差を見ない状態を意味しており、

 

教えるとは、ただ平安を差出している状態であり、

 

心の中の平安の部分を護るために警戒するのだ、

 

という意味がキチンと理解できてくる。

 

そして何より、

 

このレッスンを理解する鍵となるのが〝神の平安〟だ。

 

 

どんな時でも、どんな人に対しても、

 

先に平安を与えることで、神の平安を受け取ることができ

                               

平安を受け取る際に出てくる罪悪感に気づき、

 

見つめることで警戒する。

 

 

もう少し分かり易く言うと、どんな状況に於いても、

 

自分が平安で在ることを示すことによって、

 

平安を与え、平安を受け取る。

 

その平安を聖霊から学ぶために、常に心の中へと戻る。

 

そして心の中を直視していることで、

 

自我の没入無意識状態に陥るのを警戒する。

 

それが〝教える〟ということの真の意味である。

 

別に、先生のように、何かを教えることではない。

 

 

そんなこんなで、蝉の鳴き声を聞きながら、

 

フォーラムの文章を読んでいるうち、

 

眠りに落ちてしまったボクである。