香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ずばっ、と表現する

江門市の工場視察を終え、夕方バスで珠海まで移動した。2時間くらいで着いた。

珠海はマカオに隣接した経済特別区で、海水浴場なんかもあり、全体的にリゾートっぽい。

昼間、炎天下の中をあちこち視察して回ったので、ホテルに着いた頃にはよれよれだった。

ホテルのデリカでパンを買って食べ、そのまま爆睡してしまう。

朝方、暑さに目醒める。

見れば、エアコンは23度に設定してあるのに、室温が28度になっている。

すぐに修理の人を呼んで、見てもらったが、やはりぬるい風しか来ない。

修理の人は「無問題!もう直ったよ!ちょっとだけど、冷たい風が来てるよ!」という。

しかし、通風口に手をかざしてみても、〝ちりりん〟と冷えた風は感じられない。

部屋を変えてほしい趣旨をフロントに伝える。すぐに服務員がやってきて、

「階下の部屋に移動しますので、荷物を全部まとめてください」という。

ええーっ、今から荷物をまとめるのは面倒くさいし、あと何時間かしたらチェックアウトだし。

だけど、この蒸し熱い部屋に1分だっていたくない。

再度フロントに電話をして、荷物はそのままこの部屋に置かせてもらって、

パソコンだけ持って、別の部屋で時間まで仕事をさせてくれ、とお願いする。

しかし、マネージャーが出てきて、それはできないという。

その瞬間、衝動的に〝ムッカーッ〟と込み上げてくる感情を感じた。


エアコンが壊れたのはホテル側の責任だろう!

ここは5つ星ホテルだよね?

あと何時間でチェックアウトするのに、いまから荷物をまとめろと?

なめとんのか、おんどりゃ、こんどりゃ…。

この衝動的な〝ムッカーッ〟を言葉にすると、だいたいこんな感じになるだろう。


うっ、となりつつも兄貴に委ねる。

黙ってこのままでいるより、ちゃんと言った方がいい、と直感した。

仕事をするので十分な環境を与えてほしい。時間もないし、片付けはできない。

結局、荷物はそのままで、向かいの海側の部屋を手配してもらえた。

さっき、相手を攻撃することになる、ということでじっと黙っていたら、

きっと心の中で相手を攻撃し続けることになっただろう。

何も言わず、暑い部屋で、この感情を赦すのだ、とじっと赦しを行うより、

ここは〝すぱっ〟と表現して、後はなるように任せた方がよい、ということを学んだ。

結果、こんな素晴らしいシービューのお部屋に。

マネージャーさん。無理言ってすんません!