香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

イラッの奥底には…。


今日の気温は12度。寒い。

日本はもっと寒いのだろうが、

暖房のない香港はもう、どこもかしこも寒いのだ。

こんな寒い日に限って、ビルの管理所が、

窓に不具合があるので今から取りかえると言ってきた。

年寄り親方が3人がかりで古い窓を取り外す。

その間、冷たい風が入ってきて寒いったらありゃしない。

耐えられないので、ちょっと早い昼休みを取ることにした。

即行、ジムのサウナに入り、身体を温めた。

今日は、ちょっとした〝イラッ!〟を兄貴に返し続けた。

もうすでに、肉体がヘンな生き物に見え始め、

大概のものには意味を持たせなくなってきてはいるが、

それでも、習慣付けられた、反射的に起こるネガティブな感情は残っている。


改札口でもたもたしているおばちゃんに〝イラッ!〟。

ケータイで〝歩きゲーム〟をしながら、こちらへぶつかってくる中学生に〝イラッ!〟。

昼休みから帰ってきても、まだ窓の取り換え工事が終わっていないことに〝イラッ!〟

閉まりかけたエレベーターの扉を、

こじ開けるようにして乗ってくる男に〝イライラッ!〟


多分、5秒後には忘れているような、兄弟への小さな小さな攻撃を認識する。

でも、これをちゃんと終わらせておくと、

後が楽なのも分かっている。

小さな赦しを数多く行なうということは、

兄貴を意識している時間がそれだけ長くなるということだ。

なので、どんな波乱な出来事が起きたとしても、

慌てることなく、安定していられるのだ。


自分は父の子で、すでに父の膝の上にいる。、、

こんなへんてこりんな感じ方はふさわしくない、

と宣言して行く。そして、兄貴に任せる。