香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

新宿の男 Part-Ⅱ

東京に着いて、すぐに眼科に駆け込んだ。

目が死ぬほど痒く、冷たい空気に触れると、涙が止まらなくなるのだ。

もう、道を歩いているだけで涙がぽろぽろ。

そこで日曜日でもやっている眼医者さんを探して、診てもらうことにした。

新宿の眼医者さんなのだが、かなり混んでいて、

一時間くらい待って、やっと診てもらえた。

結果、アレルギーだった。

涙をずっと拭き続けるので、目の周りの皮膚もただれ始めている。

フルメトロンという副腎皮質の点眼薬と、かゆみを抑える点眼薬、

そして、皮膚を保護する塗薬をもらって帰った。

しかし、この眼医者の看護婦さんが全員カワイイ。

患者さんもなんか、オタクっぽい人が多いような…。

えっ? オレもその一人だって? うん、納得。


その目薬を差して、ずっとホテルの部屋で休んだ。

幸い、夕方には収まり、目の痒みも退いた。

ああ、よかった。

夕方、新宿にあるいつものイタメシ屋で、兄弟てっちゃん夫妻と合流する。

予約をしていなかったが、最後に1席だけ空いていて、ひゃっほーい、だった。

フルボディーのワインで乾杯し、おいしい料理に舌鼓をうつ。

それから、まるで午後三時のタリーズに集結したおばちゃんたちのように、

何をそんなにしゃべることがあるのか、ぺちゃくちゃと話し続ける。

食事を終え、ホテルのスカイラウンジへ席を移してからも、

いろんなことを話したのだが、

内容はおもに職場での赦し、がメインだった。

職場には本当にいろんな人がいる。

職場の赦しの最もツラいところは、

自分で一緒に仕事をする人たちを選ぶことができない、という点だろう。

学校の友人や、個人的な付き合いのように、

「あの人とはちょっと合わないから、付き合わないようにしましょう。」

というわけにはいかないのだ。


昨日まで普通だったのに、今日から突然口をきいてくれなくなった同僚。

どうしても我慢のならないお客。

ころころと言うことが変わる上司。

これは自分の仕事ではありません、

と、やたら仕事を他人に押し付けるお局様、などなど…。


毎日目の前にいて、否が応でも一緒に仕事をしなければならない。

肉体としての相手は嘘だ、と宣言し、

神の子としてしか見たくありません、と兄貴にゆだねた先から、

もっと強烈なパフォーマンスを仕掛けてくる。

僕の場合、エゴの相手をぜぇーったいに信じない、

断固拒否する、これは嘘っぱちだ、とガンガン否定しまくって、

兄貴を選びまくった結果、

肉体の相手の背後で、聖性の相手が、

「こんなにわかりやすく見せてやってんだよ。早く赦して終わらせろよ。」

と言っているようにしか見えなくなってから、相手が変わり始めた。


そういう意味で、逃げることができないからこそ、

無意識の罪悪感が投影された相手を赦せたときは、

変わるのも早いのだと思う。

仕事中のほぼすべての時間が赦しの連続なので、

結果、ずっと兄貴を意識している、ということにもなる。

そのため、兄貴と過ごすのが習慣になり、ブレるということがなくなる。

最近はなんかあるたびに、

「自分は父に完全に護られている神の子だ。」

と思い出すことにしている。

そうすると、肉体としての他者がウソだと見えてくるのだ。


でも、こうやって〝父が待つ我が家〟

へ帰還することを決めている同士の語らいは本当に楽しい。

良い時間をありがとう。