香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

介護と遺産とドラ息子

f:id:shusaku1:20190101021151j:plain

 

僕ら、40代、50代の日本人が抱える問題と言えば、

 

だいたい、子供の問題か、親の介護の問題、

 

そして、遺産問題のどれかに集約される。

 

 

今どきの子供は、二十歳くらいになっても親に向かって、

 

「死ね!」くらいのことは平気で言うらしいし、

 

親の介護にしても、優しくしたいとは思うけれど、

 

疲れている時に、理不尽なことを言われたりすると、

 

溜まっていた積年の恨みなどもあったりして、

 

反抗期の子供のように、きつい言葉を吐いたりする。

 

遺産の問題に至っては、

 

弁護士が全て事務的に解決してくれるくらいの、

 

莫大な資産があるのなら別だが、

 

僕みたいな普通の家庭だと、

 

銀行にある小金や、実家の土地や家の分与を巡り、

 

兄弟の間で、ちまちまと、セコく争うこととなる。

 

 

こんなとき、コース兄弟だと、何はともあれ、

 

自分の心の中を赦すことをやっていくと思うのだが、

 

それでも、最後には、実際的な選択と行動を迫られる。

 

 

もちろん、聖霊に全ての問題の解決を求めた後は、

 

(聖霊による量子の最短化が設定された後は…。)

 

基本、自分は何もしない、というのがベストではある。

 

心の中だけではなく、物理的にも…。

 

きいぃーっ、と〝ひきつけ〟を起こしそうになるが、

 

〝今にいることを連続させてゆく〟ことに集中すれば、

 

物理的に何もしないことも、案外できる(かな?笑)。

 

 

しかし、物理的に何もしない、という意味は、

 

どんな現実が展開されていても、何も言わず、何もせず、

 

石のようにじっとして動かない、ということではない。

 

そこに損得(損失)の考えがあるか、が焦点となってくる。

 

どのような形を取っているように見えても、

 

問題とはいずれも、自分が得をするために誰かが損をし、

 

犠牲を払うべきだという要求だからだ。

 

 

どういうことかというと、

 

みんな、トイレへ行ったり、食事をしたりするが

 

「トイレへ行くとトクだから行ってきます!」

 

とはやっていないはずだ。

 

〝ふっ〟ともよおすからトイレへ行く。

 

〝ふっ〟と腹が減るからメシを食う。

 

聖霊に問題の解決を依頼した後の行動というのは、

 

そういうレベルだと思うのだ。

 

なので、聖霊に問題の解決を求めたあとは、

 

自分の中から出てくる〝ふっ〟に従って行動する。

 

それがたとえ、

 

相手に怒りを爆発させるような言動であったとしても、

 

とっ掴み合いの喧嘩であったとしても、だ。

 

僕たちは、そういうネガティブに見えるような行動は、

 

いけないこと、と思い込んでいるが、

 

してはいけないことが何か、なんて、

 

肉体の僕たちには分からないのだ。

 

聖霊に問題の解決を依頼した後は、

 

目の前に現れる人や、出来事や、

 

心の中に現れる感情を信頼して動く。

 

 

ただ、今の僕は、

 

この世界が自分の心の中で、顕われる兄弟は全て、

 

自分の〝こころ〟そのものに見えているので、

 

兄弟が抱く罪悪感は、自分の罪悪感と感じられる。

 

なので、上記のような事柄に直面したら、まずは、

 

〝5つのこと〟を使って心の中の赦しを行なうと同時に、

 

〝深く寄り添う〟ことと〝相手に罪悪感を抱かせない〟

 

というスタンスを軸にして動くようにはしている。

 

愛情からではなく、愛からの行動というのは、

 

相手に罪悪感を抱かせることなく、ただ寄り添うことだと、

 

深く思うからだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

これはあくまでも、

 

形態レベルの一例(←ここ強調)なのだが、

 

反抗期の子供が、親である自分に暴言を吐いたとして、

 

それを親が〝自分では何もしない〟スタンスで、

 

ただ、黙って受け入れるだけだったなら、我が子は、

 

無意識の罪悪感を抱いたまま成長することになる。

 

僕も、高校時代は、少々ヤンキー寄りだったので、

 

母親にいろいろ反抗的態度を取ったりしたものだが、

 

幸いにも、僕の母親は典型的な大阪のオカンだった為、

 

「なんじゃ、親に向かってその口の聞き方はぁーっ。

 

 もう一回言うてみぃーっ、メシ抜きや!」

 

と、ホウキを持って追い掛け回されたので、

 

僕は罪悪感を持つことなく成長できたのだと思う。

 

これが、ただ受け入れ、赦すだけの母親だったら、

 

きっと、たまらなかっただろう。

 

 

親の介護だって同じだ。

 

ついつい、きつい言葉を吐いてしまうのも、

 

それはそれでいい、と僕は思うのだ。

 

なぜなら、罪悪感を感じているのは親ではなく、

 

自分であるので、

 

「ええ?またおしっこ?さっき行ったばっかりやん!」

 

「ああ、もうアカン。ヘルパーを頼みたい。」

 

とぶつぶつ言ったほうが、介護される方も気が楽で、

 

外きちっと寄り添えたりする。

 

 

遺産問題にしても、争いたくない、自分が赦せばいいんだ

 

と、兄弟たちの間で、不利な取り分に同意したなら、

 

自分はそれでいいかもしれないが、金銭と同じ分だけ、

 

相手に無意識の罪悪感を押し付けることになる。

 

無意識の、というところが肝心で、

 

相手が、多くもらえて喜んでいようと、

 

そんな表面上のこととは一切関係がない。

 

なので、相手に無意識の罪悪感を抱かせない

 

という観点から言うならば、たとえ修羅場となろうとも、

 

それが〝ふっ〟と起こってそうなったのなら、

 

きちっと話し合って公平に決着させるべきだ。

 

 

心の中だけを赦せばいい、を隠れミノに、

 

さまざまなものを無かったことにしてしまうのは、

 

ちょっと乱暴かな、と思うのだ。

 

なぜなら、すでに聖霊に解決を願ったのだから、

 

その後にどんな〝ふっ〟の想いや行動が出てこようと、

 

それはもう聖霊から差し出されたものである。

 

そこを信頼することが、

 

何もしない、の真の意味だと思うからだ。

 

 

要するに

 

子供、親、親族、が見せてくれるパフォーマンスは、

 

それがどんなものであろうと、正しいのだ。

 

それに対して、自分が持った、

 

強烈な怒り、悲しみ、憎しみもまた正しい。

 

それを否定するのではなく、きちっと一度認識して、

 

すったもんだやるならやって、最後に明け渡す。

 

それに対して、わたしは赦していない、などと

 

思う必要もない。

 

なぜなら、これも聖霊の中で起っている事だからだ。