香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

地獄経由

f:id:shusaku1:20190107033904j:plain

↑ 建設業に携わろう、という政府のポスター。

   いま、建設現場の人手不足が深刻化している。

 

先日、香港人の友人数人とカフェで話していた時、

 

その場にはいない、ある人物のうわさ話となった。

 

その人(男性/40代/独身/香港人)は、

 

ちょっとお金にルーズなことで知られていて、

 

「この前さ、また金銭トラブルがあったんだよね。」

 

「ええっ、マジで?」

 

「そう言えば、昔、あんなこともあったよね。」

 

「あった、あった。オレなんて、あいつのおかげで…。」

 

「へえ。まだそんなことやってんのかよ。」

 

みたいな会話が延々続く。

 

しかし、その噂の種にされている人物は、

 

僕が失業して困っていたリーマンショック時代、

 

親身になって職探しに奔走してくれた人で、

 

僕にとっては命の恩人といっても過言ではない人だ。

 

なので、彼のダメ出し大会のような会話の中、まるで、

 

自分のことを言われているようで、たまらなかった。

 

それでも、表面上は、ニヤニヤしながら、

 

相槌を打っている偽善者の自分にも苦しくなっていた。

 

 

そのとき、わかった。

 

眼前で数人の友人たちが話している会話は、

 

本当は、僕がそう思っているのだ、と…。

 

「自分は彼のことをそんなふうには思っていません。

 

 彼は僕の恩人であり、大好きで大切な人です。」

 

と、彼を悪く言っている友人たちを批判したくなるが、

 

おっとどっこい、

 

心の中でやっている仕組みをようく見て行くと、

 

これは全て、

 

自分の本心を彼らに言わせていたに過ぎない。

 

 

私は彼をお金にルーズなダメ人間と思った→

 

罪悪感→

 

私はそんなひどい事を考えるような人間じゃない→

 

否定→

 

そうだ、これを他人が思ったことにしてしまおう→

 

投影→

 

あの人たちがあんなひどいことを言っている→

 

私の大切な恩人を悪く言うなんて許せない→

 

私は善

 

 

とまあ、これ以上でも、これ以下でもないことを、

 

人生全てのシーンにおいてやっている。

 

それも、自分ではこの矛盾に全く気付いていない。

 

彼を批判する友人たちの姿を見て、

 

なんでもっと、愛で彼を見ないのだろう、と考えていたが、

 

何のことはない、愛で観ていないのは自分であった。

 

 

しかし、そうは言っても、

 

〝投影される前の記憶は消え去る〟という法則ゆえに、

 

他者の放つ言葉こそ、自分が隠蔽している本心だ、

 

とは、なかなか思えないものだ。

 

 

だから、

 

誰かに自分の好きな人を批判され耐えられなくなったら、

 

それは自分が他者へと投げ捨てた想いであり、

 

本当は自分がそう思っていた、と気づくチャンスである。

 

f:id:shusaku1:20190107033855j:plain

↑ かなりイケイケな建設省のポスターだが、

   日本ではセクハラになるのか?

 

よく、自分のことなら何を言われても構わないが、

 

私の好きなあの人の悪口を言われるのは耐えられない、

 

と言う人がいるが、それも、ようくようく観てゆくと、

 

その中には、巧妙に隠蔽された〝偽善〟がある。

 

自分の罪悪感を押し付けた他人に、

 

大好きなあの人のことを批判させ、

 

それに牙をむいて立ち向かう、という偽善だ。

 

また、自分の事をストレートに批判されるくらいなら、

 

大切な人の事を批判されて、それに怒っている方が、

 

まだ、自分のプライドが保てる、と思っていたりする。

 

↓ 地獄経由関連記事 ↓ 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

要するに、この虚像世界は全て、

 

自分が押し付けた運子ちゃんの投影の世界であり、

 

そこで他者が語っていることは、

 

ひとつ残らず、自分の本心である。

 

ただ、自分の本心を他人に押しつけ、それを見て、

 

あいつはけしからん、とやっているに過ぎない。

 

 

だから、他人の発言を自分の本心だと認識し、

 

それを赦してゆくことは、故郷へ還る観点から言えば、

 

最も手っ取り早く、最短な方法だと言える。

 

しかし、それはまた、他人のせいにできない分、

 

かなり苦しく、ある意味、地獄経由の赦しとなる。

 

 

だが、赦しがある段階まで進むと、必ず、

 

この、運子ちゃんを真正面から見つめる、という、

 

まさに地獄経由の領域を通り過ぎることとなる。

 

 

そういうときこそ、

 

一緒に赦しを実践している兄弟たちが助けになる。

 

でも、大丈夫。

 

地獄だと思っていたものは、本当は天国で、

 

自分はすでに天国にいるのだから。