香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

委ねた後は、とりあえず眠れ!

f:id:shusaku1:20181217112436j:plain

 

元日に香港へ戻り、3日の午後から上海へ行っていた。

 

何じゃこりゃ、というくらい仕事がたまっているのに、

 

出張に出てしまうとデスクワークができない。

 

ケリーがいた頃はサインだけしていればよかったが、

 

今は、自分で小切手を発行して、自分でサインをする。

 

それに、香港も、上海も、小雨がしくしくと降り、寒い。

 

2週間前に、沖縄で夕陽を見ていたのが嘘みたいだ。

 

f:id:shusaku1:20190105015834j:plain

 

上海では、上海事務所近くの虹橋迎賓館に泊まった。

 

高い塀と、森に覆われた瀟洒なホテルだ。

 

レストランのビュッフェもおいしく、ワインも美味い。

 

ただ、上海の中心部にあるにもかかわらず、

 

正門から森を抜け、本館に辿り着くまで10分はかかる。

 

今回の上海滞在時間はきっかり24時間、

 

銀行→税務局→証券会社→会計院、を一日で回った。

 

ああ、疲れた!

 

f:id:shusaku1:20190105015845j:plain

 

帰りの機内で、日本滞在中に購入した、

 

小森圭太著『潜在意識の書きかえ方』という本を読んだ。

 

引き寄せの法則のコーナーにあった本なのだが、

 

ぱらぱらっとページをめくってみて、

 

量子理論を、現実にどう反映させてゆくかについて、

 

分かり易く解説されていたので興味を持った。

 

文字も大きくイラストも多いので、一時間で読了できた。

 

 

量子は、対象物に意識を向けていなければ波となり、

 

対象物に意識を向けると粒(物質)となる。

 

つまり、量子が物質化するには、

 

人間の意識の介在(観測)が不可欠なのだという。

 

月を見ていないときは、月は存在しない、というわけだ。

 

 

このくだりを読んでいた時、ひょっとして、

 

聖霊の采配も、同じメカニズムなのではないか、

 

と直感した。

 

 

聖霊が僕たちの問題を解決するには、

 

量子が波である状態、すなわち、僕たちの意識が、

 

その問題に向けられていない状態が必要となる。

 

逆に言えば、僕たちが過去や未来について心配したり、

 

特定の物に執着していれば、

 

それらの問題を〝時空に存在させている〟ことになり、

 

その間、聖霊は僕たちの意識に介入できなくなるのだ。

 

 

ある事柄について、聖霊お願いします、と委ねた後も、

 

「あの問題はどうなったかな、どうしたらいいかな。」

 

と、終始そのことについて考えているなら、

 

量子が粒(物質)として顕在化しているため、

 

結果、聖霊は訂正を行なえないというわけである。

 

f:id:shusaku1:20190105020022j:plain

 

それじゃあ、その問題について何も思考せず、

 

量子が波に戻っているとはどんな状態の時なのか、

 

と考えてみたところ、それは恐らく、

 

眠っている時か、今この瞬間に在る時だ、

 

と、言うことができるだろう。

 

 

眠っていれば思考は(ほとんど)機能できないし、

 

今、この瞬間だけにフォーカスしていると、

 

今、見えているこの景色以外は全て波に戻っている。

 

なので、量子的な観点から見た、

 

自分では何もしない、というのは、

 

行動として何もしない、という意味ではなく、

 

意識がどこへも向けられていない状態を指す。

 

 

素粒子は原子の周りを電子が高速でスピンしているし、

 

地球だって回っている。場は常に動いているのだ。

 

自分でその動きをコントロールすることは不可能である。

 

だったら、量子の動きを信じて、ただ今に委ねていた方が

 

聖霊は僕たちを助けやすくなるのではないか。

  

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

だから、

 

「うわっ、どうしよう!」と思うようなことが起こったら、

 

量子を波の状態に戻しておくために、

 

先ずは、いま、ここに現れているものに感謝し、

 

それでも、びゅんびゅんウジウジ、となるなら、

 

とりあえず、爆睡するのもアリだ。

 

 

とまあ、

 

ちょっと〝引き寄せチック〟な感じで、

 

上海から香港へ戻ってきたボクであった。