香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

宜保愛子といっしょ!

f:id:shusaku1:20190110235137j:plain

 

今週は、奇跡的に出張がなかった。

 

これは、Jが海の上を歩くのと同じくらいの奇跡である。

 

正直、もうこれ以上、飛行機に乗りたくない。

 

飛行機そのものより、

 

航空券の手配や、荷造り、空港からホテルまでの移動や

 

イミグレと荷物検査、そして、遅延による待ち時間など、

 

毎回これらを繰り返すことに脱力感を覚えはじめている。

 

 

とはいうものの、出張がなくても、残業はある。

 

大体、午後9時ごろまで仕事をして、10時ごろ家に帰る。

 

まあ、今の僕は、

 

仕事とプライベートの間にあまり差を感じないため、

 

家にいても、事務所にいても、大した違いはない。

 

 

まあそんな感じで、

 

自分のデスクの所だけに明かりを点け、

 

YOUTUBEで宜保愛子の昔の心霊番組を見ながら、

 

一人デスクワークをしていたら背中がぞくぞくしてきた。

 

「ほら、あそこにいますよ。」

 

という、宜保愛子の表情も怖い。

 

もう帰ろうと片づけ始めた時、入口のガラス扉に、

 

いきなり、おっさんの顔がにょきっと現われ、

 

ぎょっとなった。

 

よく見ると、ビルの保安のおっちゃんだった。

 

もう、心臓が止まるかと思うくらいびっくりした。

 

 

「何時までやるんだ?正門は10時に閉めるからね。」

 

と告げ、保安員のおっちゃんが立ち去った。

 

そのあと、あのおっちゃんが神(父)だったことに気づいた。

 

f:id:shusaku1:20190110235147j:plain

 

僕達には、

 

突然神に出くわすと、恐怖で逃げ出すという習性がある。

 

だから、突然驚かされた、虫が飛び込んできた、など

 

ビックリさせられる何かに遭遇したなら、

 

それは〝神〟と鉢合わせしたんだ、と思って間違いない。

 

また、転職、失恋、引っ越し、災害、別離、病気、など、

 

突然の環境の変化から来る恐怖も〝神〟経由のものだ。

 

本当は、神がもっと良いものを与えようとしているのに、

 

僕たちはそれを〝奪われる〟と知覚してしまう。

 

それで、その恐怖から逃れようと、

 

いろいろ妥協策を講じたりした結果、

 

しっちゃかめっちゃな状況に陥ったりする。

 

 そうやって、目の前にいる神を見て、

 

「ぎゃあー、怖いよう。ああ、神様、助けてえーっ!」

 

と、矛盾したことを言っている。

 

 

だから、何か恐怖におののくようなものに遭遇した際は、

 

「あっ、神様だ!」と思いなおせばいいし、

 

環境の変化に伴う不安や心配が出てきたら、

 

神様がもっと良いものと交換してくれようとしているんだ、

 

と理解して、出てくる不安や恐怖を、

 

ただ消えてゆく姿として、静かに見送ってゆけばいい。

 

 

こうやって、神に遭遇すると恐怖で逃げ出したくなる、

 

という習性を逆手にとり、僕達は、

 

神を受け容れる訓練をしてゆくこととなる。

 

 

まず、小さな恐怖や不安をきっかけに神を見つけ、

 

それから、神を、

 

恐怖としてではなく、平安として感じられるよう、

 

知覚の訂正を依頼してゆくのだ。

 

www.youtube.com

 

そんなこんなで、この日は結局、

 

宜保愛子の心霊番組を最後まで見てから事務所を出た。

 

ネプチューンが出てる、ふんどし先生の番組…。