香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

悪いのはいつも他人

f:id:shusaku1:20190202192028j:plain

 

決断の主体の位置から、やっていることを見ていると、

 

自分はいつも正しく、悪いのは常に他人、という、

 

どこまでもワンパターンな投影があることに気づく。

 

 

〝彼が発した一言は私を傷つけた、故に彼は有罪だ〟

 

〝私の平安を乱した奴は、大きな罰を受けるのだ〟

 

というふうに…。

 

f:id:shusaku1:20190209013219j:plain

 

また、人以外の、ちょっとした状況や出来事にも、

 

〝死ぬのはいつも他人パターン〟を使っている。

 

 

今日仕事帰りに、マイヤーズラムを買おうと、

 

AEONの酒屋さんに立ち寄ったら売り切れていた。

 

他の店を覗いても売り切れで、結局買えずじまいだった。

 

「仕方がない、そのうち入荷するだろう。」

 

と思いつつも、決断の主体の中を覗いてみれば、

 

自分は無実で何も悪いことをしていないのに、

 

無実の自分が欲しているラムを置いていないなんて、

 

なんということ、有罪だぁーっ! とやっている。

 

 人だけではなく、状況をも断罪している。

 

 

また、数か月前に、突然の東京帰任命令を受けた際も、

 

香港から離れる喪失感に見舞われたりしたが、

 

これも、決断の位置に戻ってみれば、

 

香港は善で、東京は自己の平安を脅かす悪だ、

 

とやっていたことも、ありありと解かる。

 

それも、

 

もとはひとつだった意識が二極に分かれ、

 

高速早変わりで、一人芝居をしている。

 

 

そして、一番の要(かなめ)は、

 

それを自分で望んで選択してたんだあ、という点にある。

 

自分は無実なのに、ひとから責められ攻撃されることを、

 

自ら欲してやっていた、と認めるのは非常にキツい。

 

思わず、そんなこと自分はやってない、と、

 

弾き返したくなる。

 

なぜなら、自分で自我を選択していた事を認めてしまうと

 

これはただの選択で、聖霊に選び変えることができる、

 

と、気づいたしまうからだ。

 

そうなると、自我は消えるしかなくなり、そのため、

 

さまざまな罪悪感を強化するようなものを出してきて、

 

何としても最後の砦を守り抜こうとするのだ。

 

 

しかし、

 

「ああ、全部わたしがやっていました。

 

 この世界で苦しむことを選択したのは、わたしでした。

 

 でももうウンザリなんです。もう、止めたいんです。

 

 なので、わたしは今、聖霊を選択し直します。

 

 自分ではもう何もしませんので、よろしくお願いします」

 

と、口先ではなく、心からの懇請が起こらないと、

 

決断の主体へはたどり着けない。

 

「決断の主体から見ればいいのね。はい、やってみます」

 

というわけにはいかないのだ。

 

 

だが、最速で投影のベールを打ち破る手段がある。

 

地獄経由である。

 

上司やパートナーや家族と史上最悪の関係にある、とか

 

身体が不自由だ、壮絶なイジメに遭っている、破産した、

 

など、こういう時こそ、神(天国)に最も近い場所にいる。

 

もう、この世界にはいたくない、こんな世界は要らない

 

と心底望み、聖霊に助けを求めたとき、

 

一直線で〝ここ〟へゆく。

 

ただ、誤解を避けるために言うならば、これは、

 

自殺などの死を以って天国へ逝くという意味ではない。

 

 

しかし、そこまでのことをせずとも、

 

普通の暮らしの中でも十分赦しどころは満載なので、

 

まずは、差し出されたものからやってゆく。

 

 

といっても、僕は、決断の主体に戻りたてホヤホヤの

 

初心者なので、まだまだこの世界を実存させている。

 

社内のスカイプ会議で、ちょっとツッコまれれば、

 

しどろもどろになって、びゅんびゅんするし、

 

必死のパッチになった自我からの逆襲も来る。

 

それでも、

 

自我と同一化することなく、決断の主体に留まり続ける。

 

そうやって、実践していくことで、決断の主体が主になり、

 

やがては聖霊とひとつになってゆくのだろう。

 

f:id:shusaku1:20190126123049p:plain

 

そして、僕の場合、決断の主体にいても、

 

立ち上がれない程の強烈な隠蔽が浮上してこないのは、

 

やはり、この5年間、強制帰還道場(別称:会社)で、

 

朝から晩まで、幻想を直視し、

 

次々に顕われる事象や兄弟たちを、

 

ガンガン狂ったように赦しまくってきたからかもしれない。

 

そういう意味で、兄弟たちには大きな大きな恩義がある。

 

(いや、まだまだこれから、なのかもしれないが…。)

 

 

というわけで、僕はいま、会社で業務をこなしながら、

 

決断の主体に留まった場所から、

 

これは全て決断の主体の中で起っていること、として、

 

聖霊に選択し直していっているが、

 

会社員を続けるかもしれないし、辞めるかもしれない。

 

ていうか、どっちでもいい。聖霊にお任せ、すらしない。

 

だって、これ、実在してないんだから。

 

 

なので、僕はもう本当の神の平安だけを得たい。

 

偽の平安は必要ない。却って障壁になるだけだ。

 

 

とまあ、こんな感じの今日この頃である。