香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

断固四兄弟

f:id:shusaku1:20190301003834j:plain

 

定例財務報告会に参加するため、いま、大阪に来ている。

 

今世での僕の設定では、大阪が生まれ故郷となっているため

 

やはり、大阪の街を歩いていると、どこかほっとする。

 

ここなら、道端でどんな困ったことが起こっても、

 

必ず、周囲のおっちゃん、おばちゃんが助けてくれるという

 

意味不明な確信があるからだ。 知らんけど…。(笑)

 

f:id:shusaku1:20190301003827j:plain

↑ 紀伊国屋書店に来るのは何年振りだろう ↑ 

 

〝あなたと私は異なってはいない〟

 

〝与えることと受け取ることは同じ〟

 

 

個の自分(自己概念B)で実践していたときは、

 

意味不明だったこれらの言葉が、

 

決断の主体へと戻った位置から見てみると、

 

本当にそうだ、と当たり前のように理解できる。

 

 

どういうことかというと、この幻想世界では、

 

私とあなた、という分離した肉体が個別に存在し、

 

与えることは損失であり、獲得するには奪わねばならない

 

と信じられている。

 

しかし、決断の主体にまで戻ってみれば、

 

自己と他者にすら分離していないひとつの心こそが、

 

全ての投影(分離)の発生源だったことに気づく。

 

 

私が成功して、あなたが失敗しても、

 

あなたが100万円必要としていて、私が与えたとしても

 

あなたが騙して、私が騙されたとしても、

 

おおもとの問題は〝この一点〟にあるわけで、

 

見えている私とあなたにある訳ではない。

 

 

決断の主体の中では、

 

私とあなたはいつでも入れ替え可能であり、

 

与えると同時に受け取っていて、

 

もとはひとつであり、そこでしかやっていないのだから、

 

別にどちらが正しくても差し支えが無い、

 

結局、全て〝ここ〟がやっていること、

 

として捉えられてくる。

 

 

これを、幻想世界へと投影されたレベルで見てみると、

 

前世で成功したあなたが、今世では私となって失敗し、

 

今世で騙された私が、来世ではあなたとなって騙される

 

前世で韓国人だった私が、来世では日本人となり、

 

というふうに、私とあなたの物語が時間の中で展開される。

 

 

そして、この〝被害者と加害者とっかえひっかえ劇場〟

 

のループから完全に抜け出すには、

 

自我の思考体系から聖霊の思考体系へと、

 

方向転換し直す必要がでてくる。

 

 

それは聖霊の思考体系を選ぶということであり、

 

攻撃しない、咎めない、裁かない、怒らない、を、

 

この幻想世界に反映(実践)させることで達成される。

 

 ↓ 新・断固三兄弟の記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

で、今回、大阪での会議中、聖霊と共に、ずっと、

 

上記の〝断固四兄弟〟を実践していた。

 

 

そのとき、面白いことに気づいた。

 

自分が傍観者となり人の話を聞いている時は、

 

聖霊を内側に実感できているのに、

 

自分が主客となり、何かを発表しているときは、

 

聖霊も決断の主体も忘れ去られ、心は無意識状態となる。

 

 

試してみていただくとすぐに解かるが、

 

聖霊を内に保ちながら喋るって、意外に難しい。

 

相手に何かを伝えよう(分かってもらおう)とした時点で、

 

意識を相手側(外側)へと強烈にフォーカスさせてしまい、

 

そのため、思考との同一化が起こる。

 

 

やはり、心へ向かうには、沈黙が不可欠なのだ。

 

そういう意味で、思考の逆転が進めば進むほど、

 

人は無口になってゆくのかもしれない。(俺はどうかな?)

 

f:id:shusaku1:20190301003813j:plain

 

会議の後、

 

フィリピンで一緒だった顧問(60歳/元外資系役員)と、

 

毎度おなじみ、梅田のKOHAKUで飲んだ。

 

隣に腰掛けている顧問を、

 

聖霊の反映として、聖霊と会話をするように話をする。

 

その瞬間、彼が話す言葉全てが聖霊の言葉となる。

 

 

「今日発表している時、緊張で意識が飛んじゃって。」

 

と僕が言うと、

 

「大丈夫だよ。君に何か問題が起こったら、

 

 すかさずフォローするのが顧問の仕事なんだから。

 

 分かったような顔をしてるけど、みんなおんなじ、

 

 大したことないんだから、びびることはないよ。」

 

と顧問が答えた。

 

 

「自分が決めたことに後悔することはないよ。

 

 だって、それは過去だし、今はもうないんだしさ。」

 

「一文無しだって、大金持ちだって、

 

 最後はみんな死んで終わるんだから。

 

 やるべきことをやって終わればいいんだよ。」

 

 

結局、相手を個の誰々さんと観るか、聖霊に変えるかは、

 

自分が決めているんだ、とわかる。

 

 

こうして、目の前の兄弟を聖霊として扱うことで、

 

咎めない、裁かない、攻撃しない、怒らない、

 

の実践がより容易となる。

 

だって、聖霊を攻撃しようというコース兄弟なんて、

 

絶対いないと思うから。(多分…)