香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

スモール地獄経由

f:id:shusaku1:20190306010849j:plain

 

大阪での会議を終え、先週末は実家でゆったりと過ごした。

 

金曜日は歯医者で歯のホワイトニングをしてもらい、

 

土曜日は天気もよかったので、梅田に出ていろいろやった。

 

でも、花粉症なのか、鼻がムズムズする。

 

 

帰国日は、

 

両親とマルビルの『桂』でお昼の懐石を頂いたあと、

 

ヒルトンの『つる家』で1400円もするぜんざいを食べた。

 

その後、梅田ハービスからバスに乗って関空へと向かった。

 

f:id:shusaku1:20190306010739j:plain

 

実家にいる間は、両親を聖霊と同じものとして接した。

 

そうすることで、両親の言葉はみな、聖霊の言葉となる。

 

 

「向かいの佐藤さんの息子、大学に通ったらしいで。」と父。

 

「あそこの息子は60歳、今年定年やで。」と母。

 

「やっぱり、キリンのラガーが一番美味いな。」と父。

 

「いま飲んでるのはプレミアムモルツです。」と母。

 

 

これを聖霊の解釈を通して聴くと、

 

全ては幻覚で狂っている、となる。(笑)

 

f:id:shusaku1:20190306010339j:plain

 

とまあ、こんな感じで、

 

聖霊と共に、一日のほとんどを過ごしている僕であるが、

 

僕の場合は、聖霊をこの世界へ招き入れるのではなく、

 

僕が決断の主体の位置(ひとつの心)まで戻ることで、

 

聖霊と繋がることができる。

 

 

最近では、

 

パソコンで資金繰管理表を作成する、といった、

 

現実的な作業をしている時でも、

 

決断の主体と聖霊を保持できるようになってきた。

 

 

またこの位置まで戻ると、

 

神から分離できると考えたことが唯一の原因であり、

 

本当はそんなものは起きてさえいなかった、

 

ということが、ありありと思い出されてくる。

 

 

その一方で、これまで自分が、

 

いかに、この狂った世界を信じてきたか、

 

いかに、この世界の幸せを最重要視してきたか、

 

いかに、神(父)を咎め、裁きたいと思っているか、

 

を直視させられる。

 

 

このように、

 

天国の想念が感じられるようになってくると、

 

この世界の幸せがいかに〝インチキ〟であるかを知る。

 

というか、この世界こそが紛れもない〝地獄〟であり、

 

すでに自分は地獄にいるのだ、と自覚されてくる。

 

 

日本に暮らす、だいたいの人たちは、

 

〝色々あるけどまあまあ満足〟

 

〝あのことがなければ幸せ〟

 

〝基本平安、時々、びゅんびゅん〟など、

 

自分の人生は、おおむね悪くない、

 

と思っているのではないだろうか。

 

 

だが、これはある意味、自我が生き延びるための、

 

巧妙な仕掛けである、と断言できる。

 

ずっと僕達を、檻の中も、まあ悪くない、

 

状態にしておくことで、

 

自我の世界(ここ)を存続させることができる。

 

 

なので、

 

この自我の世界から〝本気〟で抜けたいのであれば、

 

満足、幸せ、平安、の方ではなく、

 

〝色々〟〝あのこと〟〝びゅんびゅん〟の方を、

 

直視していく必要がある。

 

なぜなら、そこから起こる苦しみや葛藤は、いわば、

 

この世界(自我)への拒否反応、と言えるからだ。

 

f:id:shusaku1:20190306010400j:plain

 

永遠に父が待つ故郷へ帰ってゆくには、赦しが必要であり、

 

真の赦しは、幻想の外側(忘却のベールの向こう側)

 

でのみ達成される。

 

そして、幻想の外側へ出るには、

 

この幻想こそが地獄だと気づかせてくれるもの、

 

すなわち、苦しみや葛藤が不可欠なのだ。

 

 

まあ、だからと言って、大きな苦しみや葛藤に、

 

自ら進んで身を投じるのも、ちょっとナンなので、

 

僕なんかは、スモール地獄経由、でやっている。

 

 

テレビに出てくる人や事件、メールに書かれてある一言、

 

聖霊部長(元コンババ)とのやり取りや、

 

腕に〝乾燥〟という漢字の刺青を入れ、

 

汗だくになって歩いている外人さんを見て、

 

全然乾燥ちゃうやん、とツッコみながら、

 

一発ドッカーンではなく、チマチマと数をこなしてゆく。

 

 

それらをまず、ひとつの原因まで戻し、

 

自分で神との分離を望んだ、ということを認めたあと、

 

分離など起きてなかった、という聖霊の声とともに、

 

ハートの中へと入ってゆく。

 

 

そうやって、大阪から香港のアパートに戻ったときには、

 

夜の11時を過ぎていた。

 

↓ なぜか急に奈良へ行きたくなった ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com