香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

世界に反応しないということ

f:id:shusaku1:20190331235902j:plain

↑ 1979年放送の多岐川裕美主演『七瀬ふたたび』より

      村地弘美演じるタイムトラベラーの藤子(右)が好き。

 

この土日はずっと大雨が降っていたため、

 

どこへも出かけず、家で昔のドラマを見ながら過ごした。

 

『七瀬ふたたび』 『その町を消せ』 『幕末未来人』

 

などの、NHK少年ドラマシリーズをイッキ見した。

 

NHK少年ドラマシリーズ特有のちょっと隠微な世界観が

 

薄暗い部屋と相まって、僕を不思議な世界へと誘う。

 

 

それにしても、時間はある意味幻想だ、とつくづく思う。

 

 七瀬ふたたびの多岐川裕美を見たあと、別のドラマで、

 

お姑役をしている多岐川裕美を見たが、別人だった。

 

先日亡くなったショーケンもそうだが、

 

どんな美男美女でも、時間はその人を、

 

外見だけでなく、中身をも変えてゆく。

 

時間によって朽ちてゆく、という事だけを見ても、

 

そんなの真実ではない、と分かる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

www.youtube.com

 

時間と言えば、

 

今年に入って一層時間が加速している気がする。

 

いや、気がするどころではない。

 

絶対に速くなっている。

 

実際、時間の加速はネットの普及と関係がある、

 

と言っている学者もいる。

 

スマホやネットに没頭している時って時間が速く過ぎる、

 

と感じるものだが、そこにはネット時間(虚の時間)

 

というものが作用しているのだという。

 

f:id:shusaku1:20190326014222j:plain

 

閑話休題。例えば、

 

私が愛用している万年筆、私のお気に入りのネクタイ、

 

私の好きな休日の過ごし方、一目惚れして買った服、

 

私が飼っているペット、大好物の食べ物、私の愛車、

 

また逆に、 

 

私の嫌いな食べ物、私が苦手とする誰々さん、

 

高い所が怖い、誰々さんが怖い、災害が怖い、

 

居心地の悪い場所、生活のための仕事、などなど…。

 

 

世界丸ごと特別な関係だった、という事実に震える。

 

全ては〝わ・た・し〟が基軸となって展開されている。

 

全ては〝わ・た・し〟との関係性だけで成立している。

 

それ以外には何もない。

 

本当は、自分が獲得したものなんか無いのに…。

 

 

物事に〝わ・た・し・の…〟が入ると世界がリアルになる。

 

私のモノは絶対に手放したくない、奪われたくない。

 

結果、あらゆる手段を講じて、それらを守ろうとする。

 

そこから闘いが始まり、平安は失われる。

 

 

ネットゲームで獲得した武器やポイント同様、

 

実際には何も獲得していない。

 

〝わ・た・し・の…〟への信念、原因はそこにある。

 

 

日常生活普通に実在化させている〝わ・た・し・の…〟

 

を、ひとつひとつ原因から直視し、赦してゆく。

 

現実的に、わたしのなんちゃら、を手放す必要はない。

 

手放そうとする行為ですら、

 

確かにそれは私のものです、私が持っている、

 

という幻想を強化していることになる。

 

f:id:shusaku1:20190326014217j:plain

 

なので、僕たちがすることは、

 

父が自我の分離に対して一切反応しなかったように、

 

ただ、自我に反応しない、ということだけである。

 

そうすることが、自我を実存させない、ことになる。

 

こうして、幻想を使って、父の心を学んでゆくのだ。

 

 

最近の僕のシチュエーションで言うと、

 

並んでいる列に横入りされた時(中国ではよくある)、

 

仕事中、あの人のミスでこうなった、と感じる時、

 

間違ったことをしているように見える人たちを

 

〝実在化〟させているのは、

 

明らかにそれを信じた自分である、という事実に気づき、

 

実在しないものを実在させているその原因を赦す。

 

その後は、外側にも内側にも、一切反応しない。

 

それが今の僕の赦しになっている。

 

 

とまあ、そんな感じな週末であるが、

 

このままで行けば、4月は多分、

 

二週間くらいで過ぎてゆくと思われ…(笑)。