香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

点の中の世界

f:id:shusaku1:20190326014247j:plain

 

昨日は、筋トレの後、トレーナーと一緒に、

 

ミッドレベルのソーホーエリアで食事をした。

 

香港を旅行した人はご存知かと思うが、ミッドレベルは、

 

セントラルの長い長いエスカレーターを上った先にある、

 

医者や弁護士など、香港セレブが多く住む地域だ。

 

坂道の中腹にあるソーホーエリアには、バーをはじめ、

 

エーゲ海料理、イスラエル料理、ギリシャ料理、など、

 

あらゆる国のレストランが軒を連ねている。

 

最初僕たちは、ネパールレストランに入ろうとしたが、

 

満員だったので、結局、アルゼンチン料理にした。

 

f:id:shusaku1:20190326014253j:plain

 

僕の食事は基本、トレーナーに管理されているので、

 

この日も、蛋白質の多い牛肉やサーモン料理を頼み、

 

パスタやピザなどの炭水化物は一切注文しなかった。

 

 

アルゼンチン産のトラピチェワインで乾杯する。

 

そう言えば、このトレーナー氏と本格的に筋トレを始めて

 

かれこれ2年近くになる。

 

その間、厳しい指導のお蔭もあり、

 

肉体は確実に変わった。

 

以前、お腹のボタンがはちきれそうだったワイシャツも、

 

今では、胸のボタンがはちきれそうになっているし、

 

ズボンもなんとかウェスト72センチをキープしている。

 

f:id:shusaku1:20190326014257j:plain

 

「食事や自主トレなど、星谷さんは僕が言ったことを、

 

 きちっと実践されたから成果が出たのですよ。」

 

とトレーナー氏は言った。

 

 

当初、彼は僕に三食ガンガン食べるよう指示した。

 

こんなに食べて大丈夫なのかと一瞬戸惑ったが、

 

それでも言われるようにしていると、一旦は太るのだが、

 

やがて筋肉量が増え、その分代謝が上って、

 

その後、みるみる痩せていった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

僕は筋トレを通じて、自分の想い込みでやろうとせず、

 

何事も、どうすればいいかを知っている専門家に、

 

100%の信を置いて任せることの重要性を学んだ。

 

だって、

 

自分のやり方が間違っていたからブチャったわけで…。

 

f:id:shusaku1:20190326014210j:plain

 

今日は、エドワードは中国へ行っているので、

 

僕一人、オフィスでお留守番だった。

 

なので、気兼ねすることなく、大音量で、

 

ワプニック氏の音声動画を聴きながら仕事をした。

 

彼は早口な上に、声もかなりハスキーなので、

 

再生速度を通常より20%ほど落として聞いた。

 

 

〝存在していないものに、なすべきものは何もなく、

 

 修復すべきものも何もない。あなたがすべきことは、

 

 ただ、戦場を越えた場所(決断の主体)から、

 

 夢に対して微笑んで観ることだけである。〟

 

 

〝想念はその源を離れないのだから、

 

 外側にあるものは、心の中のその源から、

 

 一度も離れた事がない。

 

 よって、外には誰も存在しないし、

 

 誰かと繋がる自己も存在しない。〟

 

 

ワプニック氏の動画は以前からよく観てはいたが、

 

ここへ来てようやく、

 

これらの言葉の意味を真に理解し始めている。

 

「ええっ。このおっちゃん、こんなこと言ってたっけ?」

 

てな感じである。

 

  f:id:shusaku1:20190326225800j:plain

 

以前書いたこのブログ記事の中で、

 

「全部この一点だけでやっている。」「そこしかない。」

 

と、この、とか、その、といった

 

ややこしい表現をしてきたのだが、

 

「外側にあるものは、その心の中の源から、

 

 一度も離れたことがありません。」

 

という彼の言葉を聞いて、

 

「ああ、そうそう、このことを言いたかったんだあーっ!」

 

と、思わず手を叩いて小躍りしてしまいそうになった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

相手のちょっとした好意や言動から引き起こされる、

 

憎悪や、恐怖や、ちょいイラ、または、安らぎや、幸福感、

 

と言った想念は、全てその源から離れていない場所で

 

起こっており、よって、赦しもまたその場所で行なわれる。

 

 

言い方を変えると、

 

存在していないものを、存在していないとして赦す、

 

相手をそこに存在させない場所から赦しを行なう、

 

ということだ。

 

f:id:shusaku1:20190326014233j:plain

 

あ、そうそう。トレーナーと食事をしていたとき、

 

彼の新婚の奥さんがものすごい倹約家で、

 

雰囲気のいいレストランの食事ももったいない、

 

部屋に花や植物を飾るのも無駄遣いだ、

 

ちょっとした旅行に行くのもダメ、と言われ困っている、

 

という話題になり、その流れで僕が、酔いに任せて、

 

今の豊かさを大切にする、とか、

 

未来のために今を制限する必要はない、

 

と言ったことを話していた。

 

 

その瞬間、〝倹約家の奥さん〟を実在化させている、

 

ということにハッと気づいた。

 

そして、それは誰がやっているのか?

 

わ・た・し・が、やっている。

 

存在していないものを存在させているのは自分だった、

 

と、ハタと悟ったのだ。

 

それに、

 

幻想を存在させている〝わ・た・し〟は、ここにはおらず、

 

全てあの〝一点〟の中だけでやっている。

 

 

全ての特別な関係を、存在しないものとして、

 

ひとつの源である想念の場所で赦す。(←ややこしいな)

 

 

そういう意味で、僕はようやく、

 

本当の赦しをしてゆくそのスタート地点に立ったのだな、

 

と感慨を新たにしつつ、

 

ソーホーの夜は更けてゆくのであった。