香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自我の逆襲

f:id:shusaku1:20190412001737j:plain

 

自分の言動や思考を捉え、ただ見つめていると、

 

全てが自我の力動で動かされていることに気づく。

 

神経由のものなど、ほんと、何ひとつない。

 

これら、心の中の自我を捉えては、ただ直視してゆく。

 

自己を一歩退かせ、聖霊にスペースをゆずる。

 

 

会計事務所から来た見積もりを見て、高い、と思う。

 

〝高い〟と思った時に感じる〝これ〟を注視する。

 

次に、会計事務所に電話をし、値引き交渉をする。

 

夢を実在化させている自我の〝これ〟をじっと観る。

 

それだけ…。

 

何もしないことで聖霊に場所を空けるのだ。

 

 

が、そんな感じで心の中を見つめていると、

 

だんだん精神的に辛くなってきて、

 

ヤバい、と思った時にはすでに後の祭りだった。

 

f:id:shusaku1:20190410000113j:plain


 
外側ではこれと言って何も起きていないにもかかわらず、

 

胸を締め付けられるような不安感や恐怖に襲撃される。

 

もう、コーヒーを飲んでるだけで、胸がバクバクしてくる。

 

ほんとうに、会社を休もうか、と考えたくらいだ。

 

自我の向かい風(逆風)が吹き始めたのだな、と思った。

 

 

不快感がピークの時には、

 

奇跡講座をやってなければ、こんな事にはならなかった、

 

奇跡講座も何もしてない人の方が平安ではないか、

 

奇跡講座なんかやめてしまおう、と考えるほどだった。

 

自我を直視しているだけで、毒素が増幅してゆくのだ。

 

ワプニックという名前を聞いただけで吐き気を催す。(笑)

 

くうぅーっ! き、きつい、発狂しそう…。

 

 

何故このような事態に陥っているのかさえ不明である。

 

これはひょっとして、

 

真の赦しを始めた自分に対し、もう友達のふりはしない、

 

と、自我が本気の抵抗を始めたのかもしれないし、

 

または、正しい軌道にいることの証明なのかもしれない。

 

 

でも、うう…、

 

外側に原因を見いだせない葛藤を前に

 

「なんじゃ、こりゃー!」と、

 

松田優作演じるジーパン刑事のように叫んでしまいそうになる。

 

 

それでも、動かず、叫ばず、

 

聖霊と共にその毒素のような葛藤を直視し続ける。

 

それ以外は何もしない、ていうか、できない。

 

兄貴お願いします、や、知覚を修正してください、も無い。

 

ただ、出てきているのものを抑圧、隠蔽せず、

 

両手を挙げ、正直にJ兄貴へ丸ごとさらけ出すだけ…。

 

f:id:shusaku1:20190306010313j:plain

 

大きな葛藤の塊をJ兄貴と一緒に眺めつづけると、

 

そこが、聖霊兄貴がいる場所、すなわち、

 

〝いまこの瞬間〟だということに気づいた。

 

次に有り難いような、愛おしいような、嬉しいような、

 

包み込まれるようなハートのバイブレーションが、

 

心臓の中心から紡ぎだされてくるのを感じた。

 

それを境に、少しずつ〝発作〟はなりを潜め、

 

心に冷静さが戻ってきた。

 

↓  昔も同じような体験が…。でもいま思えば、

 こんなの逆襲の内にも入らないカワイイものだった。

blog.hoshitani-shusaku.com

 

というわけで、今週は、外界より内面がきつかった。

 

でも、理由のない苦しみって、本当に辛い。

 

だって、自分で解決のしようがないんだもん。

 

 

幸い、明日からイースター(復活祭)の連休が始まるので

 

家でゆっくり、静かに休養を取ろうと思っている。

 

 

J兄貴、

 

復活してくれて、ほんとに感謝だよ。

 

 

つづく…。