香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

お年頃な季節

f:id:shusaku1:20190705010417j:plain

 

何故だか分らないのだが、ここへ来て、

 

元コンババ部長(前社長の妹の旦那/47歳/体重90kg)

 

に対する投影が止まらない。

 

 

僕が他の人へ出したメールに、ダメ出し返信をしてくる。

 

僕が、本社の財務の女性と電話で業務の話をしていると

 

突然受話器を奪い、一方的にしゃべって電話を切る。

 

英文の書類の意味がよく分らない、といった些細なことで

 

いちいち電話を掛けてくる。

 

 

まあ、40代後半のサラリーマンというのは、

 

様々な仕事や人生の経験を積んで昇進もし、

 

だがまだ若さも残っていて、少々の無理をしても平気だ、

 

という、男として最も旬な時期だと言える。

 

それだけに、ついつい勘違いしてしまうのもこの年齢だ。

 

経験不足な部下の欠点をこと細かく矯正したくなったり、

 

立場が下の人への振る舞いが微妙に横柄になったり、

 

業者さんに理不尽な要求をして断られたりすると、

 

「もう使わない。」と、理不尽な振る舞いに出たりする。

 

しかし、

 

本人は自分のことを〝イケてる〟と思っているので、

 

無意識にやっている自分の行動に全く気づいていない。

 

 

僕の場合は、30歳から海外駐在を始め、

 

現地で早くに部下を持ったため、

 

その勘違いが普通の人より、かなり前倒しで訪れた。

 

その頃の自分を思い出すと、本当に恥ずかしく、

 

僕のもとで働いてくれて人たちに対して、

 

申し訳ない気持ちで一杯になる。

 

f:id:shusaku1:20190705010410j:plain

 

で、夜、家のソファに座り、静かに目を閉じた。

 

 

今まさにそういう〝お年頃〟な元コンババ部長を通して、

 

当時の自分を赦す。

 

 

投影のシステムを凝視する。

 

神への恐れをじっと注視する。

 

何の解釈も入れず、ただ沈黙の中で観る。

 

 

沈黙しながら、ただ神の想いを〝感じ〟ていると、

 

深い平安の中から何とも幸せな感覚が上ってきた。

 

だが、いざ、その中へダイブしようとすると、

 

途端に雑念が湧き起こり、さっと、我に戻されてしまう。

 

まるで〝天城越え〟の寸止め状態である。(笑)

 

 

まあ、いっか。

 

こうして少しずつ、赦しながら父へ向かってゆけばいい。

 

blog.hoshitani-shusaku.com