香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

悦楽台北

f:id:shusaku1:20190921011326j:plain

 

一時帰国休暇が始まり、昨日から台北に滞在している。

 

前回、台湾へ来たのははいつだったのだろう、と、

 

自分のブログを検索してみると、2017年6月だった。

 

こんなとき、ブログを書いててよかったな、と思う。

 

自分の過去の記録が随時網羅されているので、

 

「あの頃、こんな事をやったり、考えたりしてたんだなあ。」

 

と、忘れていた過去から、いろいろ学ぶことができる。

 

f:id:shusaku1:20190921011330j:plain

 

台北は、三日とも終日篠突く雨だった。

 

暑くはなく、半袖だと夜は寒いくらいだった。

 

台北では、僕の小説の編集者と林森北路で飲んだり、

 

西寧南路で、古い友人と会って食事をしたりした。

 

 

ホテルは、大安路にある『ラ・スイーツ』に宿泊した。

 

とても小さなホテルだが、居心地は最高によかった。

 

勝手にコーヒーを飲んでも、グラスを持ち出しても、

 

何をしても放っておいてくれる。

 

まるで自分の家にいるみたい。

 

夜は、誰もいないラウンジで、ひとりワインを飲みながら、

 

深夜まで書き物をして過ごした。

 

f:id:shusaku1:20190921011344j:plain

 

ホテルの近くに盲人按摩の店があったので寄ってみた。

 

仙人みたいな、おじいさん按摩師にやってもらった。

 

これがもうすごくて、全く力も何も入れてないのに、

 

指でぐりぐりツボを押されるだけで、

 

「ああ、そこそこ。気持ちいいっ。うう、ひいいーっ。」

 

と、自動ヴィパッサナー状態に陥っていた。

 

そんな神業マッサージを受けているうちに、

 

これは、神に触れられているのだ、と気づいた。

 

神の悦(エクスタシー)を、ただ受け取っていた。

 

f:id:shusaku1:20190921011341j:plain

 

以前は、兄弟を神として〝観よう〟とする所があったが、

 

いまはもう、兄弟はすでに神であり、愛である、と、

 

完全に智っている状態で兄弟を見れるようになっている。

 

 

神は〝愛〟という、ひとつの解釈しかなく、

 

自分は神と同じものであるが故に、自分もまた愛である。

 

神と同じ存在である自分が、

 

自分を愛するのと同じように、兄弟を愛するとき、

 

兄弟も、神と同じものであったことを認識する。

 

この時、自分が神の交歓を行なっていることを自覚する。

 

 

神と同じものである神の子が見ている夢は、

 

やはり、愛の夢であるはずである。

 

なので、そうではないものを感じ取った時、

 

例えば、

 

異常にテンパって、訳の分らない行動に出てしまったり、

 

誰かに何かを思い切り否定されたり、

 

過去の出来事からくる小さな憎悪が湧き上がってくる時

 

神であり、愛である兄弟が、そうである筈がない、と、

 

思い出すことによって、自我を神に置き換えてゆける。

 

それが〝自我に警戒する〟ことの意味である。

 

f:id:shusaku1:20190921011348j:plain

 

台北最終日の夜、中華航空からメッセージが入った。

 

明日の朝8時発の台北-那覇便は、

 

台風の影響で、午後3時半出発となりました、とある。

 

これなら、ホテルで朝ごはんもしっかり食べられるし、

 

今夜はいくら夜更かしをしても大丈夫。

 

ひゃっほーいっ!

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com