香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

台北の夜は更けて



台湾の首都、台北に来ている。海外出張である。

10年ほど前に、うちの会社と台湾のとある会社で、

50%ずつ出資し、天津にインク工場を作ったのだが、

台湾側の社長が、何の断りもなく、

勝手に自分の持ち株を他人に売ってしまった。

で、急きょ、弁護士と台北へ飛ぶこととなった。

結果、もちろん売却は差し止めとなり、

相手側の中国の銀行口座のサイン権も凍結された。

夜、別の用事があるという弁護士さんと別れ、

ひとり、台北の夜の街を散策することにした。

ホテルの近くに〝寧夏夜市〟があったので、

そこで夕食を済ませた。

本当に美味しそうな台湾B級グルメが並ぶ中、

タンパク質しか食べられない僕は、

鶏肉の串焼きとサイコロステーキを食べた。

それでも、鶏肉の串焼きも、サイコロステーキも、

梅味、カレー味、照り焼きソース、アラブ風、と、

いろんな味付けが選べ、100円〜300円くらい。

量もすごくて、ステーキは食べきれなかった。


その後、林森北路にある行きつけの飲み屋

(と言ってもだいぶご無沙汰だが…)へ行った。

カウンターだけのバーで、仕事帰りにふらっと来て、

一杯ひっかけて帰る人が多く、隣り合った客同士で

話をしたりして、なかなか面白い。


普段、大陸の人たちが話す、

少々粗野で攻撃的な中国語を聞き慣れているせいか、

台湾の人の、囁くような、ちょっと甘えるような、

語尾を少し伸ばす甘い話し方は耳にとても心地よく、

まるでテレサ・テンの中国語を聞いているみたいで、

胸にキュンキュン来る。


バイクの群れ、水垢で汚れたビル、旧式の地下鉄、と、

街並みは25年前とほとんど変わらない。

空港もよその都市と比べ、相当老朽化している。

まあ、そういう土臭いところが、

台湾の持つ最大の魅力だともいえるのだが…。


↑串焼きだって1本がかなりのボリューム。150円。

そうやって、台湾の夜を満喫し、ホテルへ戻った。

部屋で天井を見ながらボーっとしていると、

不意に、何の前触れもなく、

〝聖霊だけが自分の上司である〟という、

デイヴィッドの言葉が浮かんできた。

続いて、

〝この世のものはあなたを騙す嘘なのです〟

という言葉も浮かんだ。


ふと、今朝、飛行機に乗って台湾に来て、

仕事をして、夜市に行って、飲み屋に行って、

肉体改造のために食べ物に気を使い、

上がってくるエゴの想いを明け渡している

〝わたしだと思っているこのわたし〟って一体誰?

と思った。


〝この自分〟がエゴに騙されているのではない。

〝この自分〟そのものがエゴであり虚偽なのだ。

故に、今このブログを書いている自分に、

何かを赦す、なんてことはできない。

攻撃しない、なんてこともできない。

ましてや、判断しない、なんていう芸当など、

できるわけがない。


このわたしそのものが虚偽ならば、

男であるあの人も、女であるこの人も、

上司である何々さんも、親友のなんとかちゃんも、

全部虚偽であり、存在していないということになる。


私は、解体される準備ができています。

私は、分解される準備ができています。

私は、存在しないことを恐れてはいません。

もうこの自分丸ごと聖霊に捧げ放しで生きる。


もちろん、これからも、

〝この自分〟がやりたいことや、すべきことを、

この騙された世界で〝ふっ〟とでてきたままに、

やっていくのだろう。


そして、〝この自分〟にできることは、

それらの全ての〝ふっ〟が、

聖霊兄貴からやってきますように、と祈ることだけだ。


とまあ、

そんなこんなしているうちに、眠ってしまった。