香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

故郷の夕暮れ

f:id:shusaku1:20200118231720j:plain

 

金曜の夕方、大阪へ戻ってきた。

 

だが、関空に着き、早速ATMでお金をおろそうとしたら

 

三井住友のカードがお取り扱いできません、となる。

 

クレジットカードでも同様に取り扱いできない、と出る。

 

何度やってもダメで、手持ちの日本円も、外貨もないし、

 

このままでは実家までたどり着けない。

 

それでも、実践SWATな僕なので、さほど慌てることなく

 

悦びながらテクテク歩いていたら、案内所があったので、

 

そこのお姉さんに、こうこうこうで、と事情を説明したら、

 

カードに書いてある電話番号へ電話してみては、

 

と言われ、それで電話してみたら、担当の人がでてきて、

 

色々調べてもらったところ、前回プレスティアの支店で、

 

カードを一新した際、住所が海外になっていたため、

 

ブロックがかけられている、ということが判明した。

 

早速、解除してもらい、なんとかお金を下ろせた。

 

f:id:shusaku1:20200118231716j:plain

 

関空特急はるかに乗ろうと、切符売り場へ向かえば、

 

春節を日本で過ごす中国の人たちでごった返していた。

 

皆、券売機の扱いに慣れておらず、全く列が進まない。

 

そこで、とりあえず直通バスで茨木まで行くことにした。

 

バス停で荷物を預ける兄ちゃんから、阪急茨木ですか、

 

と聞かれたので、思わず「いえ、国鉄の茨木駅です。」

 

と答えてしまい、ひゃーっ、となった。国鉄って…。

 

お兄ちゃんは無言でJR茨木の荷物引換券をくれた。

 

電車通学してた時の習慣が残ってたんだね、きっと…。

 

f:id:shusaku1:20200118231817j:plain

 

バスの中で思った。

 

現金が引き出せないと知った時、

 

案内所のお姉さんに訊きいてみよう、と思ったのも、

 

JRの券売機の前で、中国人たちの長蛇の列を見た時、

 

とりあえずバスで家の近くまで行こう、と考えたのも、

 

バズ停で、思わず、国鉄茨木駅、と答えてしまったのも、

 

全部、そういう思いがふと湧き上がって来たのであって、

 

自分で考えたのでも、自分のアイデアでも何でもない。

 

 

現金が引き出せない、どうしよう、となった時、

 

どうして、案内所で訊いてみる、ということは思い立ち、

 

直接カードに書いてある電話番号に電話してみよう、

 

とは思わなかったのか、なぜ、阪急茨木駅ですか、

 

と聞かれ、国鉄茨木駅などと口走ってしまったのか、

 

そんなこと、勝手にふっと思いが湧いてきただけであり、

 

自分で決めたことでも、自分の選択でも、何でもない。

 

なのに、

 

なんであの時、あの事に気づかなかったんだろう、とか、

 

どうして、自分はあんな言葉を発してしまったのか、

 

などと思ってしまう。

 

 

これは自分が考えて取った行動であり、発した言葉だ、と

 

なぜかそう思っているので、それがうまくいかなかったり、

 

思いもよらない不運な出来事を引き寄せてしまうと、

 

何であの時、と自分に罪悪感を感じて責めてしまうのだ。

 

または、自分が感じた罪悪感を他者に転嫁し、

 

「いやいや、あの人がこうだったから、私はああなった。」

 

と他者を責めたりする。しかし、元ネタは全て自分だ。

 

 

こう考えてみると、自分で決めていることなど一つもなく、

 

何にも自分で決めていないのであれば、

 

何かを決めている自分など、存在していないと分かる。

 

自分がいないのに、罪悪感を感じるなんて、おかしい。

 

f:id:shusaku1:20200118231735j:plain

 

よく、

 

自分で赦しをやろうとするのではないんですよ、とか、

 

今に在ろうと〝努力〟するのではないんですよ、とか、

 

ついつい神に〝気づこう〟としてしまうんですよね、

 

と、スピ教師たちが述べたりするが、ノー!

 

もともと、やろうしている自分など無いのであるから、

 

赦そう、今に在ろう、神に気づこう、という思いが勝手に、

 

シュワシュワ湧いてきたのであれば、やればいい。

 

だって、それは、自分で選択しているわけではないので、

 

「ああ、自分がやろうとしている。」

 

なんて、自分を責める必要などないのである。

 

それが、いま、ここに在る神に抵抗しない、ということだ。

 

 

まあ、こうして、無事実家へ戻った。

 

父はまだ僕のことを息子だと認識してくれていた。

 

今回は、関西から出ないつもりである。

 

だって、どこへ行っても、神しかいないのだから。

 

blog.hoshitani-shusaku.com