香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

現実をほったらかしにする

f:id:shusaku1:20200206003218j:plain

👆 後ろ姿に疲れと哀愁が… 👆

 

なんか、最近、外側をほったらかしにしている。

 

外側で何が起きているように見えても、また、

 

動揺や緊張の思考がシュワシュワ湧いてきても、

 

ほったらかして〝いま在る神〟へと入ってゆく。

 

〝そこ〟にさえ戻れれば、何の問題もなく、

 

自分は神と同じものだと分かるので、

 

外側をイジる必要はどこにもなく、

 

勝手になるようになるだろう、という感じだ。

 

 

まあ、ひとそれぞれ神へのアプローチは違うので、

 

決して僕と同じようにしなくてもいいわけなのだが、

 

現時点での僕の場合は、

 

いまこの瞬間に抵抗しないことで神に入ってゆく。

 

そうすると、パラレルワールドとでもいうのだろうか、

 

意識の感覚が〝点〟というか〝縦の時間軸〟になり、

 

いま、ここ、この瞬間の縦軸の中に、過去の全記憶や、

 

未来の可能性が同時に存在しているように見える。

 

これは比喩ではない。本当にそのように見えるのだ。

 

 

なんていうか、言葉では表現しにくいのだが、

 

過去の記憶も、まるでいま起きているように感じられ、

 

未来の妄想も、もうすでに起きているように感じられる。

 

ただ、僕の場合は、そこに神が入っているので、

 

それら自分を動揺させる過去の記憶や未来への妄想も、

 

本当に無かった、と赦して、全自動消去されてゆき、

 

愛を感じさせる記憶や、心地よい未来の空想だけが、

 

神の愛とおなじものとして増幅されてゆく。

 

ずっと神と一つになっている時なんかは、

 

どんなにマイナスな思考が湧いてきたとしても、

 

それでも愛一色のエクスタシーになったりする。

 

そうなると、外なんかに構っていられなくなる。

 

 

ただ、外をほったらかしにしているからと言って、

 

現実を無視して、お花畑状態でいるわけではない。

 

外界がどんな状況かは、普通に理解できているし、

 

それに対してどう対処すべきかも普通に心得ている。

 

f:id:shusaku1:20200206003211j:plain

👆 本来はティッシュが置いてあった棚 👆


 

というわけで、今日は在宅勤務だった。

 

以前は在宅勤務って、自由だし、リラックスできていいな

 

と思っていたが、実際にやってみると全然で、

 

プライベートと仕事の境界が曖昧となり、

 

どちらにも集中できず、結局中途半端になる。

 

 

夕方、気分転換も兼ね、買い出しに出てみた。

 

昨日以上に、生活消耗品の品不足が深刻化していた。

 

特に、お米とティッシュとトイレットペーパーに至っては、

 

もうどこに行っても手に入らない。

 

まあ、差し迫って買わねばならない物もなかったので、

 

そのまま、僕が加入している近所のジムへ行ってみた。

 

香港のジムは、運動靴さえ履いていれば、

 

タオルも、ウェアも、無料で提供してもらえるので、

 

手ぶらで行ってもトレーニングが可能なのだ。

 

f:id:shusaku1:20200206003232j:plain


 ジムでは皆、マスクを着けずにトレーニングをしていた。

 

床や、ストレッチ用のマットや、筋トレ用のベンチには、

 

汗が飛び散り、運動すれば当然息も荒くなる。

 

かといって、マスクを着けて運動するのは不可能なので、

 

新型ウィルスのことは気にせず、自由にしている。

 

 

それから僕は、胸と下半身を集中的に鍛えた。

 

途中、ボディコンバットが始まる、というので参加した。

 

キックやパンチなど、久しぶりに全身を動かした。

 

日常生活では絶対にしない動作をすることで、

 

使っていない筋肉を動かし、身体機能を活性化させる。

 

 

全身の筋肉がプルプルする。何だかすっごく心地がいい。

 

そして、

 

この心地よさこそが、神の想いに気づく起爆剤となる

  

blog.hoshitani-shusaku.com