香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神の住処

f:id:shusaku1:20200214005820j:plain

 

通勤時の人混みを避ける為、10時出勤を続けている。

 

あまりにマスクが息苦しいので、口だけを覆い、

 

鼻は露出させたまま街を歩いている。

 

僕はあまりマスクの有効性を信じてなくて、

 

それよりも、手洗いやうがいをきちんとする。

 

在宅勤務も許可されているのだが、家で仕事をすると、

 

プライベートも、仕事も、どっちつかずとなり、結局、

 

中途半端に家で悶々とすることになるので、

 

それなら、出勤している方が全然いい。

 

 

新型肺炎に関しては、日本人の死亡者が出るなど、

 

日本でも感染が広まりつつあるようだが、今日、

 

日本の外務省から、中国在住の日本人に対して、

 

早期の一時帰国を検討するよう勧告があった。

 

まだ自由に出国できるうちに、ということらしい。

 

中国は(香港もすでに中国なのだが)一党独裁のため

 

審議など無しに、即行で全空港を閉鎖できてしまう。

 

それは、香港在住の日本人も人ごとではない。

 

僕はまだ、一時帰国なんて大げさな、と考えているが、

 

家族のいる人などは、やはり心配だろうなあ、と思う。

 

f:id:shusaku1:20200214005840j:plain

 

とまあ、そんな外界の状況とは裏腹に、愛は溢れる。

 

今日、会社の所得税申告のための税金計算書が、

 

会計事務所から出てきたので、そのチェックをした。

 

一つ一つの項目を、財務諸表の数字と照らし合わせ、

 

差異が出たり、計算式が解からなかったりするたび、

 

会計士に電話をして確認してゆく作業はもう、

 

チョー面倒で骨の折れる仕事だった。

 

 

き、き、きぃーっ、と体内に虫が湧きそうになりながら、

 

数字と睨めっこしているうち、なぜか突然、

 

自分は神に愛されている、という想念に襲われた。

 

それはもう、どんなことがあっても完璧に愛されていて、

 

そして、その愛は、

 

兄弟や、仕事や、出来事を通して顕現されてくる。

 

そこへ思いが至った途端、

 

計算書の数字や、会計士さんや、会社の同僚たちが、

 

全て自分の味方であり、神の愛の化身のように見え、

 

感動で涙がこみあげてきた。

 

f:id:shusaku1:20200214005813j:plain

 

ここは神の中で、自分も神の一部であるのなら、

 

夢の現実の中に在ってさえも、

 

やはり霊である自分は、神の愛に100%守られている。

 

そして、僕がピンチに陥っている夢をみている時も、

 

神の愛の助けは、兄弟たちを通してやってくる。

 

僕は、神、すなわち兄弟達によって助けられていたのだ。

 

 

たとえ、兄弟が怒っていても、攻撃していたとしても、

 

そんなの実存とは全く関係なく、常に自分は、

 

彼らにサポートされ愛されている。

 

この事実を知った状態でこの夢の現実を生きることは、

 

僕をとても平安な気持ちにしてくれる。

 

なぜなら、兄弟は、自分を責める存在ではなく、

 

自分を愛し、助けてくれる存在となるからだ。

 

 

この税金計算書の内容をちゃんと把握しておかないと、

 

社長から説明を求められたときにちゃんと答えられないと

 

自分は攻撃され、無価値な人間だと思われてしまう、

 

という恐怖からではなく、

 

今、この瞬間、共に在る兄弟や状況に抵抗せずにいれば

 

自然と、税金計算書が神であり愛だった、となる。

 

 

というわけで、

 

会社が神の住処(天国?)になっちゃった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com