香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

よろこんで!

f:id:shusaku1:20200215021124j:plain

 

昨日がバレンタインデーだったことにいま気づいた。

 

香港のバレンタインは、一般的に、男性のほうから、

 

好きな女性が働く会社に花を贈り、夕食に誘う。

 

例年なら、どこのレストランも満員となるはずなのだが、

 

新型肺炎の影響で、街に人影はまばらだ。

 

 

夜、自主トレをしようと近所のジムへ行ってみた。

 

普段は、マシンの空きを待たなければならないほど、

 

人でごった返しているのに、今日はなんと、

 

僕を含め、たったの6人しかいなかった。(数えた)

 

先週より明らかに、

 

新型肺炎に対する警戒が強まってるな、と感じた。

 

でも、ま、いっか。

 

こうなったら専用プライベートジムを満喫することにする。

 

マシンやベンチも使い放題なので、ここぞとばかりに、

 

〝食いだめ〟ならぬ〝鍛えだめ〟をしておくことにした。

 

f:id:shusaku1:20200215021146j:plain

 

金曜日に会社で起こった出来事を書いてみる。

 

この日も僕は、昨日に引き続き、会計事務所が作成した

 

税金申告書の内容をチェックしていた。

 

その中で、見覚えのない数字が出てきた。

 

調べてみると、フィリピン工場から受け取った売掛金が

 

245ドル多いことが分かった。

 

しかも、記帳が去年の三月になっている。

 

 

一瞬、この件をどう処理しよう、と考えた。

 

 

〝フィリピン側の財務に請求書の金額を確認したのち、

 

 クレジットノートを発行して財務諸表も書き直し…、

 

 ああ、メンドクセー、という思いと同時に、

 

 フィリピン工場側から何を言われるか、という恐怖や、

 

 ミスをした自分への罪悪感がシュワシュワ湧き上がり…〟

 

 

なあんて事態には、一切、全然、これっぽっちもならず、

 

神の化身である兄弟が何とかしてくれるだろう、という、

 

愛と感謝の想い(神の想い)だけに満たされていた。

 

 

兄弟を通して、神の想い(歓びの想い)が伝わってくる。

 

このような事は起こってすらおらず、本当に無いことを、

 

神が兄弟達を通して、アリアリと体感させてくれている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 あ、そういえば以前、がんこ寿司の店員さんが発する、

 

はい、よろこんで!を聞いた時、これ使える、と思った。

 

 

そんな失敗をしたら、みんなから無能呼ばわりされるで、

 

そんなことを言うたら、あの誰々が黙ってへんぞ、

 

急げ急げ、あの電車に乗らんかったら遅刻やで、

 

遅刻したら、さぞ、お客は怒るやろなあ、

 

といった自我の声が聞こえて来た時に、

 

「はい、よろこんでーっ!」とスルーできる。

 

 

「こんな間違いを犯して、みんなから責められるでぇー。」

 

👉 はい、よろこんで! どうぞどうぞお責めください。

 

「そんなことしたら、あの人、怒るやろうなあ。」

 

👉 はい、よろこんで! 思う存分怒られます。

 

「あーあ、やっちゃったね。もう終わりだね。」

 

👉 はい、よろこんで! 終わって全然ケッコーです。

 

 

てな具合である。

 

そうやって、がんこ寿司スタンスでいると、面白いことに、

 

なぜか、実際には自我の言っているようにはならず、

 

平安と愛に満たされた結果へと好転するから不思議である。

 

 

要するに、自我による恐怖劇場に開き直れば、

 

自我の声を笑い飛ばしたことになり、

 

自我に変わって神の愛が発露しだす。

   

f:id:shusaku1:20200215021130j:plain


 

だれもかれもが、もう本当に大好き。

 

会社員の方なら分かっていただけると思うが、

 

会社で大好きが溢れてるなんて、

 

イエスが海の上を歩く以上の奇跡だと思う。

 

 

ただ、誤解を避けるために言うならば、

 

自我の妄想劇場であるこの現実を大好き、

 

と言っているのではない。

 

薄皮のベールに透けて見える神の想いそのものに、

 

だいすきー、と感じている。

 

(※もうこんな注釈、いちいち入れたくないのだが…)

 

 

いまの僕にとって、兄弟はみんな、

 

神の愛を見せてくれる大切な存在になっているので、

 

何をしているように見えても、愛の反映にしか見えない。

 

兄弟は夢の中においても僕を助けてくれる愛の存在だ。

 

 

ただ、肉体を持って夢の世界を生きている限り、

 

今後、不安と恐怖がシュワシュワ湧く事もあれば、

 

コノヤローと思うようなこともあるかもしれない。

 

それでもいい、と思っている。

 

どんなことがあっても、

 

根底を流れる神への大好きは変わることがないから…。