香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

小指のわたし

f:id:shusaku1:20200408222023j:plain

👆 毎週水曜は家の窓から競馬を眺める。

  馬券の買い方とか、全然分からない。

 

 

仕事中も、バスの中でも、食事中も、家にいるときでも、

 

〝いま、この瞬間の神に抵抗せず、ただ神の愛に在る〟

 

〝どんな些細なことでも、絶対に自分(神)を攻めない〟

 

〝毎瞬、認知機能障害を起こしている自分に気づく〟

 

ただこれだけを、徹底的にガンガン実践しまくっていたら

 

とうとう自分が〝全体〟になってしまった。

 

全体になった、というより、全体だったことに気づいた、

 

と表現するほうが正確かもしれない。

 

 

うーん、なんていうか、肉体に例えて説明するなら、

 

これまで自分は小指だと思って生きて来たのに、

 

ここへ来て、目も鼻も口も手足もある体全体だったことが

 

判明してしまった、みたいな…。

 

 

小指だけが自分だと思っていたころは、

 

親指を怖がってみたり、人差し指に嫉妬したり、

 

くすり指の攻撃に苦しんだり、いろいろ大変だったが、

 

はっと我に返り、自分が全体だったことが知覚されると、

 

指はただ指でしかないことが明白になるので、

 

恐れと言うものが無くなり、代わりに安堵と優しい愛が、

 

大手を振って戻ってくる。

 

 

ただし、スピでよく言われる、

 

自分は神の中にいたんだあ、とか、神と一体である、とか

 

みんなでひとつ、といった、合体するような感覚ではなく、

 

もとから自分は全体で、それしかなかった、と、

 

ただ、当然のように智っている感覚である。

 

f:id:shusaku1:20200408222028j:plain

f:id:shusaku1:20200408222040j:plain

 

多分、これからも個としてのモヤモヤは起こるだろうし、

 

なんじゃこりゃあ、というような状況にも直面すると思う。

 

それでもやっぱり、全体である、の理解が起きているので

 

何が起こっても、そこには安堵とやすらぎと愛がある。

 

それに何より、

 

何が起こっても、誰に会っても、全く怖くなくなる。

 

 

この感覚を説明するのは本当に難しいのだが、

 

見え方が変わる、とか、そういうものではなく、まさに、

 

認知症の人が、朝起きたら正気に戻っていたという感じ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

というわけで、

 

ジムの閉鎖が23日まで延長されることになった。

 

トレーナーがオンライントレーニングを提案してきた。

 

11日までは無料だというので申し込んだ。

 

家には器具がないため、どうなるかわからないが、

 

サーキットトレーニングを40分ほど行なうらしい。

 

明後日からイースターの休日で5連休なので、

 

家で腹筋とかのメニューを組んでもらうつもりである。