香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

60年代へ GO!

f:id:shusaku1:20200410231706j:plain

👆 〝八折〟は二割引という意味

          この魔法瓶、百貨店の入り口真正面に陳列。

     ということは、ここのイチオシ商品ってこと?

    

今日は、受難節の祝日で香港はお休みであった。

 

Jが磔になってくれたおかげで会社を休めるのだから、

 

本当に有難いかぎりである。 J兄貴、おおきにっ!

 

 

というわけで、

 

23日まで香港中のジムがクローズされるため、

 

このままではぶちゃってしまう、と危惧した僕は、

 

家でも簡単なトレができる軽いダンベルを買おうと、

 

ノースポイントにある中国百貨店まで行ってきた。

 

一歩足を踏み入れるとそこはもう60年代、

 

21世紀的なものなど何一つなく、別の言い方をすれば、

 

60年代でも買えるものしか売っていない。

 

 

その代わり、

 

欲しいけど、どこで買えばいいのか分からないもの、

 

フラフープ、とか、太鼓、とか、砂鉄とか、風水盤、

 

といった〝キワモノ〟類は全てここに揃っている。

 

で、ダンベルを探してみると、あった、あった。

 

2キロくらいの小さなダンベルを探していたのだが、

 

どれも本格的な物ばかりで、持って帰るには重すぎる。

 

結局、買うのは断念した。

 

f:id:shusaku1:20200410231431j:plain

 

前回の記事で書いた〝全体である知覚〟が戻ってくると

 

あれ、何でこんなところでパソコンを打っているのだろう、

 

あれ、どうして毎日会社なんかに来ているのだろう、

 

あれ、なにゆえにこの人の言う通りにしているのだろう、

 

といった、これまで何の疑問も抱かずに行なってきた、

 

謎な行動の数々が、まさに〝謎〟として知覚されてくる。

 

 

自分が小指だと思っていた時は、

 

これをしなかったら生活してゆけない、とか、

 

そんなことを言ったら大変なことになってしまう、とか、

 

みんながやっているからこうするのが当たり前、といった

 

小指は小指として精いっぱいのことをしてきたわけだが、

 

全体からすれば、

 

一度洗った皿を、何度も洗い続けているのと同様、

 

なんでそんな謎なことをしているのか、

 

全然、まったく、少しも、わけが分からない、となる。

 

要するに、

 

小指だと思い込んでいた時には深刻だったことが、

 

全体になった時には、ただのお笑いコントになる。

 

f:id:shusaku1:20200410231701j:plain

👆 車椅子も売ってるよ! 

 

こうして、僕もようやく、

 

この人がいてもいなくても、この仕事があっても無くても、

 

誰に何を言われどう思われても、大丈夫になりつつある。

 

 

昔、バシャールからワクワクに行動してくださいと言われ

 

多くの人が会社を辞めてワクワクに行動した結果、

 

〝バシャール難民〟が続出してしまったわけだが、

 

これもやはり、認知障害を起こしたまま動いてしまった、

 

つまり、時期尚早だったと言える。

 

 

〝全体だった〟〝ここに在る〟が知覚されていると、

 

ワクワクしないから会社を辞めるという風にはならない。

 

転職するにしろ、離婚するにしろ、入院するにしろ、

 

ちょっと旅行へ行ってきまーす、くらいの感じで、

 

そこに深刻さや無理やり感が無い。

 

f:id:shusaku1:20200410231417j:plain

f:id:shusaku1:20200411015636j:plain

 👆 本当にここの百貨店、何でもある。

   ただし、60年代でも買える商品限定だけど。

 

要するに、いまの自分は認知機能障害を起こしていて、

 

感じ方が全てトンチンカンなのだから、ここはもう、

 

一切の抵抗をやめてじっとしてなさい、ということである。

 

そうすると勝手に全体(神)が見えてきて、

 

いやがうえにも勝手にワクワクしてくるので、

 

動くのはそれからでも遅くない、ということなのだ。

 

👇 ちょうど3年前の今日もこの百貨店に来ていた

blog.hoshitani-shusaku.com