香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

血と霊

f:id:shusaku1:20200411232553j:plain

 

今日は、トレーナーと初めてのウェブトレをした。

 

トレーナーからは事前にメニューの動画が送られてきて、

 

当日、トレーナーの指示に沿って、自宅でトレを行なう。

 

ウェブアプリはZOOMを使った。

 

腹筋、腕立て、スクワットなどを、連続して4セットこなす。

 

たった30分間のトレだったが、かなりハードだった。

 

ジムが再開されるまで2週間、なんとか運動は続けたい。

 

f:id:shusaku1:20200411232558j:plain

f:id:shusaku1:20200411232548j:plain

 

ふと、神の想念って、血液の流れみたいだ、と思った。

 

普段は、その流れを全く自覚することがないけれど、

 

確かにそれは止まることなくずっと流れ続けていて、

 

僕たちを生かしてくれている。

 

そして、血液を体内の隅々にまで送り出しているのが、

 

心臓(心/ハート)というわけである。

 

f:id:shusaku1:20200410231010j:plain

👆 自主トレで通っているジム。閉鎖中! 

 

血液がすごい速さで流れていることに全く気付かず

 

生活できているのは、ある意味、愛である、ともいえる。

 

なぜなら、この血液のものすごい流れを自覚しつつ

 

日常生活を送ることなど到底不可能であるからだ。

 

 

しかし、緊張で胸が張り裂けんばかりにバクバクした時、

 

また、ナイフか何かで血管を切って血が噴き出した時、

 

などに、僕たちは初めて血液が流れていたことに気づく。

 

 

これと同じで、何かドびゅんびゅんな事件が起きた時、

 

緊張のソワソワ、恐怖のドキドキ、怒りのムカムカ、

 

これら〝嫌な感じ〟がぐわーっと湧き上がってくることで

 

それが本当は神の愛の鼓動(流れ)だと気づいてゆく。

 

何しろ、僕たちは神を拒絶してしまっているので、

 

認知機能障害に陥ってしまい、神の愛の想念を、

 

こわいーっ、はらたつーっ、ぜつぼーっ、いたいーっ、

 

といったネガティブな事として感じ取っている。

 

しかし、その〝嫌な感じ〟に抵抗せずに見ていると、

 

次第に、感じ方が間違っていたことに気づいてゆく。

 

それが、今ここに在る神に抵抗しないことの意味である。

 

f:id:shusaku1:20200410231023j:plain

 

午後から、夏物の短パンやTシャツを買いに、

 

ノースポイントの露天市場まで出かけて行った。

 

ここは中国の工場から流れて来た衣類が安いので、

 

部屋着などはここで買う。

 

この日、300円の短パンを2枚買って帰った。

 

 

チンチン電車が行き交う通りを歩いていると、

 

全てから愛されているという感覚がこみあげて来て、

 

また、ちょっと泣きそうになった。

 

神の血液の流れを正しく感じているのだな、と思った。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com