香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

くちゃねさん

f:id:shusaku1:20200410231139j:plain

 

イースターの祝日に出勤したときの代休で、

 

今日から僕だけ4連休である。

 

一日目は〝食ちゃ寝〟して過ごそうと決めていたので、

 

昼はピザの宅配を取り、夜はその残りを食べた。

 

昼間、ずっと奇跡講座のテキストを読んで過ごした。

 

そう、僕だって、たまにはテキストくらい読むのだ。

 

テキストはすでに二回読了し、いま三巡目なのだが、

 

やっと、31章の「最後の心眼」のところまで来た。

 

 

〝神の子が自分の無垢性を学ぶときには、

 

 神の愛が必ず思い出される。〟

 

〝神の子が無罪だというレッスンから生じる世界は、

 

 恐れがなく、一切が希望に照らされ、

 

   優しい親愛の光できらめいている世界である。

 

   一切があなたに呼びかけ、あなたの友となって、

 

   あなたと繋がらせてほしいと優しく訴えかけてくる〟

 

 

この神の愛の感覚、めっちゃわかるぅーっ。

 

これって、現実的には何も起こってはいないのに、

 

通りを行く全ての人や、周囲にある全ての建物から、

 

一斉に祝福されているような感覚のことだ。

 

それが、自分を攻撃してくる人の言動であっても、

 

また、自転車が自分にぶつかってきても、

 

好きだーっ、と言われているような感覚。

 

分かる、分かる、分かるーっ、と思いながら読んだ。

  f:id:shusaku1:20200408222236j:plain

 

僕はよく、外界の人や風景や物音を観察しながら、

 

ああ、これが今の自分の心の中かあ、と呟くことがある。

 

 

自分の心の中が外の世界に投影されているのなら、

 

自分の内部は全て外側の世界に顕れていることになる。

 

すなわち、見えないと思われている心の中は全て、

 

外の世界にむき出しになってさらけ出されているのだ。

 

なので、自分の心の中が今どういう状態かを知るには、

 

世界がどのように見えているかを観察すればいいのだ。

 

 

街行く人を見て心がきゅんきゅんしたり、

 

部屋の床に反射する陽だまりに美しさを見たり、

 

おかえり、という守衛のおじさんの声に神を感じたり、

 

そんな時、自分はいま神の愛の中にいる、と思える。

 

 

あ、そうそう、昨夜、またあの青年に会わせてください、

 

とお願いして眠ったら、今度は夢に女の子が出てきた。

 

二十歳くらいの女の子で、僕が眠っているベッドの傍らで

 

あなたが大好き、と言って寄り添ってくれる夢だった。

 

このときも、前回の夢に現れた青年と同じ、

 

暖かい愛の想念を感じて、胸がきゅんと切なくなった。

 

 

きっとこの二人は〝僕と共に旅をする存在〟なのだろう。

 

そして、この存在は光を持っている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

もう、あと少しなので読了してやろう、と思ったのだが、

 

強力な睡眠導入剤であるテキストの催眠効果には勝てず、

 

結局、夕方から爆睡、と相成った。

 

 

明日はちょっと、街に出て見るぞ!