香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

オレオレ主義

f:id:shusaku1:20200410231110j:plain


相手を赦すことで、自分も赦される、とコースは言うが、

 

これって、絶対、アメリカ人向けの言葉だと思う。

 

これを日本人向けに言いかえると、先ず、

 

自分を赦すことで、相手を赦せるようになる、である。

 

 

トランプ大統領なんかを見ていても分かるように、

 

「正しいのは?オレさー。で、悪いのは?おまえさー。」

 

と、アメリカは、かなりなオレオレ主義だ。

 

「私いつもクヨクヨして、全然自分に自信がないの。」

 

というような人でも、日本人とは比べ物にならないくらい、

 

ガンガン自己主張してきたりする。

 

なので、そんな他責国家で出版された奇跡講座は、

 

やはり、他責型の人向けに書かれた書籍だと言える。

 

 

まあ、自分と相手、どちらを先に赦しても同じなのだが、

 

自分を恥じてしまう傾向が強い日本人にとっては、

 

なにはともあれ、自分を赦すことが先決である。

 

f:id:shusaku1:20200410231135j:plain

 

自分を赦すとはどういうことなのか、と言うと、

 

誰よりも自分を愛してあげること、である。

 

よく、

 

「私はどんなに辛い思いをしてもいいけれど、

 

 子供にだけはそんな思いはさせられない。」

 

と自己犠牲を口にする母親がいるが、

 

僕なんかは、別に、自分が幸せでいることで、

 

子供も幸せにすればいいじゃん、と思ってしまう。

 

また、そういう親に限って子供に色々な要求をする。

 

なぜなら、自分の心が満たされていないので、

 

無意識のうちに、子供で補填しようとしてしまうのだ。

 

親が幸せでなければ、家族を幸せになどできないのに、

 

日本では、この自己犠牲の精神が美徳になってしまう。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

じゃあ、具体的にどうすればいいのかと言うと、

 

一番手っ取り早いのは、鏡に映る自分に向かって、

 

愛してるよ、好きだよ、と実際に言ってみることだ。

 

それも、毎日、習慣として続けることが大切である。

 

女性はメイクの時などを利用してもいいし、

 

男性も、毎日一回くらいは鏡を見るだろうから、

 

その時に、自分の瞳を凝視しながら、好きだ、と告げる。

 

それも、心の中で言うのではなく、声に出して言う。

 

 

最初は、あまりの気持ち悪さに、ぞぞぞ、と鳥肌が立つ。

 

特に、男には、かなりの抵抗が伴う。

 

ただ、実際にやってみるとわかると思うのだが、

 

自分の目を見て、愛してるよってなかなか言えない。

 

まるでロックがかかったように、言葉が出てこない。

 

僕も、一番最初にこれを試した時、言葉に詰まった。

 

結局、日本語だと恥ずかしすぎて言えなかったので、

 

英語でアイ・ラヴ・ユー、と鏡の中の自分に告げた瞬間、

 

どわっと涙があふれ出し、その場で号泣してしまった。

 

それほど、僕たちは、普段から、

 

自分で自分(神)を拒否しまくっているのだ。

 

f:id:shusaku1:20200411232606j:plain

👆 街の肉屋さん

 

自分に愛を宣言するのは、

 

神に愛を宣言しているのと全く同じである。

 

そして、神に愛してる、と告げたなら、

 

神から愛の10倍返しがやってくる。

 

 

毎朝、鏡に向かって、真剣にやってみれば、

 

三か月後「神の愛、きたあぁーっ!」てなるかも…。

 

知らんけど…。