香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

6月4日によせて

f:id:shusaku1:20200607012932j:plain

 👆ビクトリア公園の封鎖を破り、

   数万人が6月4日を追悼する

 

天安門事件から31年目となる今年の6月4日は、

 

香港の人たちにとってはとても重要な日となった。

 

国家安全法が可決された今、

 

毎年行われてきた追悼集会も、来年からは、

 

違法行為とみなされ、参加者は逮捕されてしまう。

 

それで、僕の家の近くにあるヴィクトリア公園には、

 

多くの香港市民がキャンドル片手に集まった。

 

中国国内では、天安門事件は無かったこと、

 

とされているため、報道すらされない。

 

そういう意味で、

 

奇跡講座の勉強会を開く自由がある日本は、

 

まだまだ恵まれていると言わざるを得ない。

 

 

それにしても、誰もがその事を知っているのに、

 

起こっていない事として国民全員が口をつぐむ。

 

どんなに科学技術が進歩しても、

 

結局やっていることは昔と同じなんだね。

 

(もう、読者の方々は理解しておられると思うが、

 

 これは奇跡講座でいう〝何も起こっていない〟

 

 とは全く別の次元の事を言っているのでよろしく)

 

f:id:shusaku1:20200607012953j:plain

 

今日は終日大雨だったので、ずっと家で過ごした。

 

ひとしきり創作をした後、静かに瞑想をした。

 

瞑想と言っても自己流で、決まったやり方などなく

 

ヴィ瞑想に10日間参加した時の体験をもとに、

 

呼吸と肉体を強烈にスキャンしていきながら、

 

次第に自分の中の絶対的神を発見する、

 

みたいな感じの瞑想を1時間ほど行なうのだ。

 

そうしてじっと抵抗せずに沈黙していると、

 

じわじわハートが上がってきて、神を感じる。

 

最後に、本当の自分〝霊〟まで行く。 

 

 

そうなると、外はただ自分が見ている夢で、

 

天安門事件も何も起きていなかった、と解かる。

 

 

ただ、その感覚は、ううん…、何ていうのだろう、

 

天安門事件なんて幻想だよ、フン、バシッではなく、

 

愛というか、愛への欲求というか、うまく言えないが

 

神の中での出来事、みたいに体感されてくるのだ。

 

 

瞑想後、鏡に映る自分を相手に自分会議をした。

 

鏡の中の自分を見て、これ自分じゃないと思った。

 

そこから、パッパッパッ、と次々に閃きが訪れ、

 

これ自分じゃない👉自分はここにいない👉あれ、

 

これコップじゃない👉じゃあ何なんだ👉神じゃん!

 

👉神をいろんなものに解釈してただけじゃん

 

というところまで行きついた。

 

 

何かが見えた途端、何かが聞こえてきた瞬間、

 

何かに触れた刹那、何かを味わったと同時に、

 

ほんの一瞬顕れた神を他の物にすり替えている。

 


見えているものとは別に神がいるわけではない。

 

ただ、解釈だけが問題だったのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com