香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛の一点集中

f:id:shusaku1:20200701185939j:plain

👆 7月1日のデモの日、シャッターを半分開け

  様子を窺うおっちゃん

 

明日7月4日は惑星直列の日らしい。

 

7惑星が直列になるそうで、今回は直列具合が

 

かなり凄いということで、天変地異が起こるとか  

 

暴動が起こるとか、色々言われているようだ。

 

何が起こるかは別にして、宇宙とか、心霊とか、

 

非日常を云々するのは、なんか、楽しい。

 

夏だし、YOUTUBEで昔の心霊番組でも

 

見てみようかな、という気になる。

 

f:id:shusaku1:20200701022850j:plain

 

自分が何に一点集中するかで、見える景色が、

 

全く変わってくる、という話である。

 

 

最近はほとんどなくなってきたが、以前の僕は、

 

自分の周囲にはたくさん優しい人たちがいて、

 

毎日大好きな場所で、大好きな人や物に

 

囲まれて暮らしているにもかかわらず、

 

針で突いた点のような、たった一つの

 

〝嫌なこと〟に一点集中してしまうことで、

 

その不快感にのたうち回ってたりした。

 

まさに、天国にいて地獄を味わっている(笑)

 

という感じだった。

 

 

僕を例に挙げれば、

 

エドワードや、もう一人の日本人のような、

 

優しく穏やかな同僚と普通に仕事ができ、

 

仕事帰りにはお気に入りのバーに寄ったりと

 

気分よく過ごす場所もある。

 

休日は家でゆっくり日本のテレビを見たり、

 

創作をして誰にも邪魔されず自由に過ごせる。

 

このように、いま、この瞬間に在る

 

〝いい感じ〟だけに一点集中していれば、

 

僕は充分幸せで、自由ななはずである。

 

なのに、過去の嫌な出来事を思い出しては、

 

ぐぐ-っ、と、

 

そこへ一点集中して入り込んでいったり、

 

親しくもない誰かから言われた一言で、

 

落ち込んでいたりする。

 

 

総体的に、ようくようく見てみれば、

 

〝嫌な感じ〟より、〝いい感じ〟の分量の方が

 

断然多いし、広範囲に及んでいるのが分かる。

 

圧倒的に〝神の感じ〟の方が勝っている。

 

なのに、僕たちはすぐに、塩ひと振り程度の、

 

ほんの少しの嫌な感じを使って、

 

点の中へと潜り込んでゆこうとする。

 

 

このことを自覚して以来、

 

点の中へ潜り込みそうになったら、

 

即行で意識を、いい感じ(愛の流れ)の方へ

 

方向転換させるように心がけた。

 

 

先ずは湧いてきた不快な思いを、しばらくの間、

 

湧くに任せて見過ごしたあと、

 

いま、ここに在る〝いい感じ〟に、

 

ががっ、と矢印を方向転換させるのだ。

 

意識の矢印を愛の流れに同調させることで、

 

ハートのエクスタシーが上がってくる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

というわけで、今週も、あっ、という間だった。

 

比喩ではなく、もう怖いくらいに時間が、

 

あっ、と呟く間に、シュッと過ぎてゆく。

 

 

このように、時間が加速している時だからこそ、

 

いま、この瞬間に一点集中してゆく。