香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

男の中の半分は女

f:id:shusaku1:20200710180946j:plain

 

僕はお酒を飲むのが大好きである。

 

だが、ビールと焼酎は苦手で殆ど飲まない。

 

チューハイとかサワーも滅多に飲まない。

 

特にビールなど、炭酸が多いお酒を飲むと、

 

お腹がパンパンになって苦しくなるのだ。

 

 

ワインにしろ、カクテルやウィスキーにしろ

 

僕の場合、目的が酔うためではなく、

 

味わいや風味を楽しむことにあるので、

 

もっと飲んで、もっと酔いたい、とはならない。

 

もともと、酒を飲むことに罪悪感がないので、

 

アル中とかにはならない。

 

 

というわけで、

 

2週間ぶりに行きつけのバーに行った。

 

酸っぱいお酒が飲みたいと言ったら、

 

マスターがコスモポリタンを作ってくれた。

 

一番端の席に座り、コスモを飲みながら、

 

張賢亮の『男の中の半分は女』を読む。

 

この小説は、70年代の文革時代の性を、

 

赤裸々に綴り、当時話題となった作品だ。

 

僕は彼の硬質な文体が大好きで、

 

自分の小説を書くときは、いつもその前に、

 

彼の小説を数ページ読み、

 

文体のトーンに同調させてから書く。

 

f:id:shusaku1:20200710180958j:plain


 

美味しいお酒と大好きな小説、静かなバー、

 

女の子が「どうぞ」と言って、カウンター越しに

 

おつまみのあられを差し出してくれた。

 

一瞬、彼女に対する愛があふれ出した。

 

彼女も一瞬、わっと驚いたような表情になり、

 

それから、僕に向かって微笑んで見せた。

 

 

僕という個人と、彼女という個人の間で、

 

見えない想いが交感したのではない。

 

そんな個人は見当たらず、想いしかない。

 

〝ひとつ〟を通して愛の想いが伝播する。

 

意識は無かった。

 

ひとつの心(聖霊兄貴)として考える。

 

 

  

blog.hoshitani-shusaku.com