香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

沸いてるわたし

f:id:shusaku1:20200704200829j:plain

 

 

何かを考えたり、行動したりしている〝私〟が、

 

どこを探してもいないことに気づいて以降、

 

赦しも、個人的なものから、全体的なものへと

 

移行しつつある。

 

 

自分の中に確固とした個人を見つけられず、ただ、

 

様々な思いがシュワシュワと湧きたっているだけだ

 

ということが分かったと同時に、他者も同じように、

 

想いだけが湧いている実体のない存在なんだ、

 

という理解が起こった。

 

 

わたし対あなたではなく、全体でやっている。

 

〝ひとつ〟があるだけで、わたしもあなたも、無い。

 

全体からシュワシュワ出てくる想いが、

 

わたしの想い、あなたの想い、となって、

 

互いにいろいろな事を起こし合っている。

 

そのことが腑に落ちてから、

 

些細な〝シュワシュワ〟に注意するようになった。

 

 

電車が来て、車両の扉が開いているのに、

 

スマホを覗き込んだままモタモタしている前の学生、

 

バスの中で、隣の空いている座席に、

 

自分の荷物を置き、スマホを見ているオッサン、

 

エレベーターのボタンの前に立っているのに、

 

スマホを見たまま〝閉〟のボタンを押さない女、

 

そういう解釈が生み出す幻影を見て、

 

シュワッ、と上がってくる想いを認識し、赦してゆく。

 

f:id:shusaku1:20200704200858j:plain

👆 シュワシュワと消えてゆく姿 

 

これって、あまりにベタな感情過ぎて、10秒後には、

 

忘れてしまうような、シュワッ、なのだが、

 

この瞬発的に発せられた相手を責める思いは、

 

全く別の場面で、今度は自分を責める思いとなって、

 

他者から発せられることに気づいたのだ。

 

なぜなら、個人対個人でやっているのではなく、

 

(そんな個人はどこにもなく)、

 

全体の〝ひとつ〟から出たシュワシュワが、

 

シュワシュワ同士でやっていることだからだ。

 

 

また逆もしかりで、

 

自分が発する相手への些細な攻撃の想いが、

 

全体を通じて、自分に責め返ってくる。

 

それが分かるともう、赦すしかなくなる。

 

 

もともと、想いが湧いているだけで、

 

赦すべき誰かなどどこを探してもいないので、

 

〝私〟や〝相手〟を赦そうとしても無駄である。

 

赦すべきは〝シュワシュワ〟と湧いて出ている

 

〝想い〟のみである。

 

 

そう、自分、とか、あの人、と思っていたのは、

 

ただの〝シュワシュワ〟でしかなかった。(爆笑!)

 

よく、非二元の人たちが、それしかない、と言って、

 

ひとり大爆笑しているが、ホントに笑うしかない。

 

f:id:shusaku1:20200704200845j:plain

 

 

というわけで、昨日、書店に立ち寄った際、

 

去年から始まった、一連の抗議活動を記録した

 

写真集があったので、記念に一冊購入した。

 

香港が完全に〝こんぴらさん〟に支配されれば、

 

(※あのトップの人の名前を漢字で書くと、

 

検閲に引っかかるので、今後はこう表現する)

 

もうこんな写真集も発売されないだろうから…。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com