香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

責めてるわたし

f:id:shusaku1:20200717013247j:plain


 

今日は仕事終わりに散髪へ行って来た。

 

ここ半年ほど、整髪料も何もつけずに、

 

ただ、手ぐしで、ばさばさ、とやるだけという、

 

自然体ヘアだったが、なんか物足りない。

 

それでまた古巣のスタイリストのところへ行った。

 

がっつりゼロフェードの、ツーブロック刈り上げ。

 

ああ、さっぱりした!

 

f:id:shusaku1:20200713230633j:plain

👆 画用紙が足りなかった
 

 

というわけで、

 

最近、他人の中の自分と向き合っている。

 

他人が自分に見せる、表情、言動、行為など、

 

たとえ通りすがりの人であっても、

 

それが今の自分の心の中を代表しており、

 

自分が自分に投げかけている言葉なのだ、として

 

無意識に責めている自分を観ながら、やり過ごす。

 

 

こういうことをずっとやっていると、

 

自分と他者が同じもののように感じられてくる。

 

一つの意識が、幻想の自他に分かれて、

 

シュワシュワと思いをせめぎ合わせているのが

 

分かる。

 

そして、その思いの源となっている、

 

〝私たちは別々だ〟という解釈に、

 

他者に映る自分の心のつぶやきを通して気づき、

 

そこから、

 

本当はひとつだったことを思い出してゆくのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

というわけで、もう今週も木曜日。

 

はやすぎるっ!

 

当分、バーにも、筋トレにも行けないので、

 

一人おうち時間をとことん楽しもう、をテーマに、

 

ブックカバーの入れ替えをすることにした。

 

先週、本棚の本を赤で統一したいと思い立ち、

 

ノースポイントまで赤い画用紙を買いに行ってきた。

 

それを、本よりも少し大きめに切り、

 

表紙の長さに合わせて上下を折る。

 

そうやってできたカバーの差込口に、

 

表紙を差し込むと完成。

 

どう切り取れば、紙を有効に使えるかを考えるうち、

 

すっかり作業に没頭してしまった。

 

 

多分、一人でおうち時間を楽しむため、

 

今後も色々謎な行動をすると思われるが、

 

お付き合いいただければ幸いである。