香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

永遠の幸せ

f:id:shusaku1:20200718222646j:plain

 

この二日間、一歩も外に出なかった。

 

ずっと家で、瞑想をしたり、小説を書いたり、

 

WOWOWの映画を観ながら、

 

のんびり、まったり過ごした。

 

 

香港では再び感染者数が増加しているので

 

明日から一週間、公務員は在宅勤務となり

 

僕が勤務する香港支社も、明日は、

 

10時から17時までの時短勤務となった。

 

そして多分、火曜日からは、

 

しばらく在宅勤務になると思われる。

 

f:id:shusaku1:20200715122641j:plain

👆 日本にかかっている雲が
  麒麟に見えるのは僕だけだろうか

 

そんな中、三浦春馬さんの訃報が入った。

 

首を吊っての自殺で、手帳には「死にたい」

 

と書かれていたそうだ。

 

僕は2015年に公開された日中合作映画、

 

『真夜中の5分前』に出ていた彼を見て、

 

なんて透明感のある俳優さんなんだろう、

 

と、そのときの魅力が印象に残っている。

 

 

演技だけでなく、歌や踊りも上手で、

 

背が高くてイケメン、来る仕事は主演級、

 

性格も穏やかで、みんなに好かれている。

 

そんな人が「死にたい」と思う動機など、

 

僕には到底推し量ることなどできないが、

 

ひとつだけ言えることがあるとすれば、

 

彼は幸せではなかった、ということだ。

 

そして、その〝幸せな感じ〟は、

 

人気がある、とか、仕事が順調、といった、

 

表面的な成功とは全く関係がない、

 

ということである。

 

 

映画に主演した、憧れの職業につけた、

 

好きな人と結婚できた、商売が成功したなど

 

人はなぜ何かを達成しようとするのか、

 

それは、その瞬間に訪れる〝幸せな感じ〟

 

を味わいたいからだ、と言える。

 

しかしそのエクスタシーは一時的なもので、

 

セックスでオーガズムに達した時のように、

 

何かを達成したと同時に消え去ってしまう。

 

そして、再度そのオーガズムを得るために

 

何度も何度も、それを達成しようとする。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

僕も、台湾で小説を出版した時、

 

やっと夢が叶った、と、小躍りして喜んだが、

 

この幸せを維持するには、一冊目よりも、

 

もっと素晴らしい小説を書かねばならない。

 

要するに、きりがないのだ。

 

 

そういう意味で、外の環境がどうであろうと、

 

その幸せな感覚は、常にここに在り、

 

今、この瞬間への抵抗を止めさえすれば、

 

一輪の花からでも感じることができる。

 

 

そして、今、この瞬間への抵抗を止めるとは

 

自分はテーブルに気づいているのではなく、

 

神に気づいているのだ、と智ることであり、

 

今、ここに在る気配に気づくことである。