香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夏は暑くて楽しい

f:id:shusaku1:20200724163901j:plain

 

 

36.5℃の香港。とにかく、暑い!

 

今日も在宅勤務であったが、

 

チョイ姐が掃除に来るので、昼前に家を出た。

 

毎度おなじみ、家の前のカフェで昼食を取りつつ、

 

パソコンを開き、業務メールをチェックしたり、

 

会計事務所から来た財務諸表を確認しながら、

 

パソコンでできる仕事をこなしてゆく。

 

 

ここ、香港の渋谷と言われるコーズウェイベイは、

 

普段は、平日でも、ものすごい人出なのだが、

 

今日はみんな自宅勤務なのか、

 

スーツを着ている人は皆無で、人影もまばらだ。

 

このカフェでも、半分しか客を入れず、

 

四人で来た客は入店を断わられていた。

 

 

f:id:shusaku1:20200724163834j:plain

👆 タイムズスクエアの前。

  時刻は午後9時半

 

昨夜行きつけのマッサージ店からLINEが来た。

 

常連客だけを相手にこっそり営業しているという。

 

家から徒歩10分なので、即行で行った。(笑)

 

夜10時の街はゴーストタウンのようだった

 

店はシャッターを下ろし、タイムズスクエアには、

 

客待ちタクシーの長い列だけができていた。

 

 

香港は東京23区の2倍くらいしか面積がないので、

 

容易に人の移動をコントロールすることができる。

 

香港市民も、2週間外出を控えれば、感染者が減り

 

再び以前の生活に戻れることを知っているため、

 

政府云々ではなく、自分たちのために規則を守る。

 

f:id:shusaku1:20200724163820j:plain

👆 バーが建ち並ぶ通り(午後9時半撮影)

  ここを真っすぐ行った所が僕の家

 

 

明かりが消された行きつけのマッサージ店は、

 

〝コソコソやってます感〟満載だった。

 

呼び鈴を押せば、扉の隙間から店主が顔を出し、

 

さっ、と僕を店内に招き入れた。

 

店内は暗く、すぐに個室へと通された。

 

同業者にチクられたら一巻の終わりのはずだが、

 

それでも営業を続けねばならない心情も、

 

痛いほど理解できた。

 

 

マッサージが始まった。

 

僕はマッサージを瞑想と捉えていて、

 

身体(宇宙)の隅々を指圧されることによって、

 

細胞の隙間に溜まった〝想いの断片〟を、

 

浮き上がらせ、認識し、昇華させてゆく。

 

多分、ヴィパッサナー瞑想も同じように、

 

肉体の一つ一つの部位に溜まった想いを、

 

ダンマへ明け渡していっているのだろう。

 

f:id:shusaku1:20200724163928j:plain

 

マッサージが好きな人はご存じかと思うが、

 

マッサージが始まってほどなくすると、

 

過去に対する様々な想いが次々に浮かびあがり、

 

今、指圧されている部位の気持ちよさに、

 

ちっとも集中できなくなる。

 

意識が彷徨いだしたことに気づいて、

 

圧されている部位に再び集中しなおし、

 

全力でその指圧の感覚を味わってゆく。

 

そうすることで、

 

今、この瞬間に在ることができ、

 

沈殿物が舞い上がるように、湧き出た想いを、

 

聖霊兄貴が全て引き受けてくれる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

骨の髄まで、とか、細胞に染みついている、

 

とよく言われるが、

 

投影寸前の想いのエネルギーは肉体に溜まる。

 

 

マッサージは90分で6000円くらいだった。

 

それ以外に、

 

マッサージ師にチップを7000円渡した。

 

食料も買い込んだし、土日は1日中家で、

 

テキスト読んだり、映画を観て過ごすつもり。