香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

想いの水蒸気

f:id:shusaku1:20200731005102j:plain

 

今日は4時間だけ出勤した。

 

財務の書類は機密文書扱いなので、

 

コンプライアンス上、持ち出し厳禁なため、

 

どうしてもオフィスでの作業が必要となる。

 

 

また、終日店内飲食禁止の香港だったが、

 

事務所がない土木作業員や清掃員などが

 

炎天下の公園に殺到して昼食を取るなど、

 

却って健康を害するとして、明日からまた、

 

日中のみ店内飲食ができることになった。

 

しかし、会食は2人までで、6時閉店となる。

 

また、公務員の在宅勤務も9月9日まで

 

延長されることとなった。

 

民間企業の在宅勤務は奨励レベルだが、

 

やはり、いまの感染状況を見ると、我々も、

 

在宅勤務をせざるを得ないようだ。

 

f:id:shusaku1:20200731013658j:plain

👆 TONY CHUNG(鐘翰林)

 

その一方、香港民主化学生運動のリーダー

 

トニー・チョンが国家転覆罪で逮捕された。

 

まだ19歳である。

 

19歳の青二才に転覆させられるような国家

 

だったら転覆した方がマシだ(ごもっとも!)

 

と、市民の中から憤りの声が上がっている。

 

f:id:shusaku1:20200731005038j:plain

👆 この日の気温は36.5℃
 

 

ゆらゆらと、

 

意識の陽炎が立ち昇っては消えてゆき、

 

シュワシュワと、

 

沸き上がっては消えてゆく想いの水蒸気を

 

ただ、抵抗することなく見送ってやる瞬間、

 

すでに自分は意識ではなく心に戻っている。

 

 

陽炎の映像の奥に、想いの水蒸気の奥に、

 

いつも存在している何かが在る気配、

 

それが、今、この瞬間に在る神である。

 

 

 👇 まだ〝世界は無い〟と

   バリバリ言い聞かせていた頃。

   こういう段階も必要だったのだ。

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ちょっと立ち止まって静かにしていれば

 

気づくことができるのに、

 

その前に、起こってない、世界は無い、

 

と言い聞かせてしまい、結局、

 

神の気配も一緒に振り払ってしまう。

 

  

無理くりな否定も神への抵抗である。

 

神の気配に気づけば、何もしなくても、

 

世界は無い、と、自然に理解が起こる。