香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

よさげで選ぶ

f:id:shusaku1:20200729011737j:plain

👆 香港版成城石井であるシティスーパーに

  高知の〝夜須〟が売られていた。

  9000円のスイカなんて誰が買うんだろう?

 

 

いくら、神だ、聖霊だ、と言っても、

 

まだ肉体を持っている僕たちは、やっぱり、悩む。

 

 

この服とあの服、どっちを着ようか、

 

今日の晩御飯、何にしようか、

 

A社とB社、どっちに入社しようか、

 

あらゆることで悩む。

 

 

こんなとき、僕は、

 

同じ悩むなら〝好きで〟悩みたいと思っている。

 

この服も好き、あの服も好き、どっちにしよう、

 

カレーも食べたい、ピザも食べたい、どっちにしよう

 

A社もいいしB社もいい、うう悩むぅ、みたいな…。

 

 

A社は給料がちょっとなあ、でもB社は休みが…、

 

ではなく、

 

どんな選択も、大好き、という観点から選んでみる。

 

それが、ある意味、聖霊の選択、となる。

 

f:id:shusaku1:20200729011724j:plain

 

僕は仕事であれ、プライベートであれ、

 

〝いい感じ〟かどうかで選ぶようにしている。

 

なぜなら、この〝いい感じ〟こそが、

 

ハートの悦(エクスタシー)の感覚に近いからだ。

 

 

例えば、出張するとなったとき、

 

どの航空会社にするかを選択する際、

 

香港航空は安いから、とか、

 

キャセイはフライトの時間がいい、とか、

 

全日空は機内食が充実している、といった、

 

頭の選択〝だけ〟ではなく〝感じの選択〟もする。

 

で、迷ったら〝感じの選択〟を優先させる。

 

 

今回の出張は、全日空の方が安いけど、

 

JALのほうが、なんか〝よさげ〟な感じがする、

 

となったらJALにする。

 

もちろん、その〝よさげ〟に理由なんか無い。

 

それで、

 

実際、JALに乗ってひどい目に遭っても構わない。

 

それが本当に〝ひどい目〟かどうかなんて、

 

意識の僕には知りようもないからだ。

 

本当はJALでひどい目に遭ったことで、

 

仕事がとてもうまくいったのかもしれない。

 

なので、

 

自分の〝いい感じ〟には抵抗しないことにしている。

 

それが、兄貴を信頼することとなっている。

 

 

 ハートのエクスタシーがよく分からないという方は、

 

日々の選択を〝いい感じ〟を軸にして選ぶのも、

 

いい練習になるかもしれない。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

香港では、2週間後から、住民全てがPCR検査を

 

受けることになった。

 

その間、完全ロックダウンされるとか…。

 

ひえええー、これってガチなお籠りじゃん。

 

陽性だったらどうしよう、怖いよーっ!(👈ウソ…)