香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神認知症

f:id:shusaku1:20200808234408j:plain

👆 アジサイをイメージしたケーキ

 

今日は時短勤務の日。(自分で決めてるんだけど)

 

朝10時から午後4時まで、オフィスで仕事をした。

 

コロナ禍で、閉じこもる生活が続いているせいか、

 

以前は何とも思わなかった、小さなことが気になる。

 

 

今日はエドワードが在宅勤務なので、

 

日本人の同僚と二人で事務所にいたのだが、

 

掃除のおばさんが掃除に来たり、

 

運送屋の兄ちゃんが荷物を持ってきた際、

 

呼び鈴が鳴っても、日本人の同僚は全然動かず、

 

いつも僕が扉を開けに出ている。

 

それに電話が掛かってきても、彼は出ない。

 

まあ、彼は広東語ができないので、

 

僕が出た方が効率がいいのだろうが、

 

「いや、そんな問題ではない、こっちも忙しいんだ、

 

少人数なんだから、お前もやれよ」

 

と、つい、ショーもないことでイラっときてしまう。

 

 

で、ここは、直接言った方がてっとり早い、と思い、

 

電話が鳴った時、出てください、と本人に言ったら、

 

ちゃんと電話に出て、北京語で対応していた。

 

 

そしてその瞬間、

 

僕の中のモヤモヤがすっと消え、愛が戻ってきた。

 

 

とまあ、何とも、ちっさい話で誠に恐縮なのだが、

 

大ゲンカした相手を赦すより、こういった、

 

取るに足りない日常のモヤモヤを赦す方が、

 

我慢できる分、却って難しかったりする。

 

f:id:shusaku1:20200808234650j:plain

 

しかし、このレベルのモヤモヤは、得てして、

 

情報量の少なさに起因して起こっていることが多く、

 

相手にハッキリ言うこと(情報をあたえること)

 

によって解決してしまうことがほとんどだ。

 

 

日本人の同僚も、僕がこのことでイラっとしている、

 

という情報が不足していたため、

 

気を付けたくても、できなかっただけのことだ。

 

f:id:shusaku1:20200808234641j:plain

 

しかし、なんで俺ばっかし門を開けに行くんだよ、

 

レベルのことを家族以外の人に言うのは、

 

なんか、小姑みたいで、すっごく気恥ずかしい。

 

そこで、

 

起きてることが起きてるだけ、とか、世界は無い、

 

と、謎に内側の赦しへ向かおうとしてしまう。

 

その、内側だけで解決しようとするスタンスが、 

 

モヤモヤしている自分を責める結果になったり…。

 

 

いやいやいやいや、言えばいいだけである。

 

この世界は自分が作っていて、誰もいないのなら、

 

言うべきことを、怖がらずに何でも言えるはずだ。

 

これって怖いけど、えいやーっ、と腹に力を入れて

 

一回やったら、後は案外できるようになる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

直接言うことによって、少しだけ気分がよくなり、

 

気分がよくなることで、少しだけ心が平安になり、

 

心が平安になることで、愛を感じられるようになる。

 

 

そこまで行くと、

 

日本人の同僚の、色んな愛の面が見えてくる。

 

いつも一番乗りして、事務所のシャッターを開け、

 

コーヒーを淹れておいてくれるのも彼だし、

 

ウォーターサーバーのボトルを入れ替えるのも

 

エドワードか彼で、僕はやったことがない。

 

 

僕は、点のように小さな、

 

愛ではない一点に意識をフォーカスさせ、

 

広大な愛の部分に気づいていなかった。

 

 

神認知症の僕たちは、

 

すぐに愛を忘れてしまうけれど、こうやって、

 

何度も何度も、愛を思い出す訓練をすることで、

 

神を思い出してゆく。