香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

場面転換

f:id:shusaku1:20200808234342j:plain

 

先週のことである。

 

帰り支度をしていた時、日本人の同僚が、

 

何やら書類を片手にうろうろしている。

 

聞けば、登記局に出す書類にサインをし、

 

それを会計事務所へ送ろうとしていた。

 

「へ?なんで俺が知らないの?」と思った。

 

法務関係の業務は全て自分が管理している。

 

聞けば、会計事務所の人からサインお願いします

 

ってメールが来たんです、と同僚は言う。

 

書類を確認すると、年次報告書だった。

 

なぜ、彼にサインを依頼したのかは不明だが、

 

これは社長の署名が必要な書類だ。

 

 

コーヒーカップ事件ふたたび、ではないが、

 

自分を素通りされた、無視された、と、

 

僕の中で大きな怒りが込み上げて来た。

 

早速会計事務所の代表に、メールで、

 

なんで自分に依頼しないのかと文句を言った。

 

それから、担当者には直接電話をし、

 

今後、サインを要するすべての書類は、

 

僕に依頼するよう、きつい口調の広東語で

 

まくし立てた。

 

 

僕の過剰なまでの反応に恐れをなしたのか、

 

会計事務所の代表が、以後気を付けます、

 

といった内容のメールを返してきた。

 

f:id:shusaku1:20200808234431j:plain

 

 

帰りのバスの中でも、怒りは収まらなかった。

 

この時の僕は、完全に神から離れていた。

 

愛だけを放っている存在、でもなくなっている。

 

しかし、

 

湧いてくるものは湧いてくる、どうしようもない。

 

しばし、思い切り、腹立つーっ、ムカつくーっ、

 

を、放出しているしかなかった。

 

ただ、

 

絶対に自分を責めないことだけを優先した。

 

 

バスが家の近くに着いた。

 

モヤモヤは続く。このまま帰宅したくなかった。

 

気持ちをリセットする場の転換が必要だ、と思った。

 

ふと前方に、行きつけのマッサージ店が目に留まり

 

そうだ、足の裏の角質取りをしてもらおう、

 

と思いたち、立ち寄ることにした。

 

f:id:shusaku1:20200808234420j:plain

👆 女性は男の足の爪を切ってはいけないならわし

 

 

足の裏の角質を、ヘラでそぎ落としてもらいながら、

 

モヤモヤと湧き立つ怒りへの抵抗を止め、

 

今、この瞬間に在る平安に委ねるようと努めた。

 

 

会計事務所の担当者も、日本人の同僚も、

 

自分をないがしろにしようなんて思っていない。

 

以前にも書いたとおり、情報不足がもとで、

 

僕は勝手に〝逆恨み〟をしていただけだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

コーヒーカップ事件と言い、タメ口事件と言い、

 

どうしていつも自分は、大切に扱われていない、

 

と思い込んでしまうのか、原因は僕の内側にある。

 

 

これはまた、自分は神から大切に扱われていない、

 

と、思っていることの象徴でもある。

 

感じてしまっている状態で、赦しだ、なんだ、と、

 

何をしても無駄なのは分かっているので、

 

先ずは、もう、ここで、呼吸だけしている。

 

 

よくよく考えてみれば、

 

みんな僕に優しく接してくれている。

 

誰も僕に何かしよう、なんて思っていない。

 

なのに、僕は、その大きな愛の部分を見ずに、

 

小さな小さな黒い点だけにフォーカスして、

 

その中に、自分が怖がっているものを見ている。

 

その黒い点以外は全て愛と歓びなのに…。

 

 

点から離れ、周囲の人たちの愛にフォーカスする。

 

足の裏の角質がそぎ落とされる感覚が戻ってくる。

 

静かなフロア、やっと、今の喜びが戻ってきた。

 

小さな黒点から目を反らせば、

 

そこには喜びしかなかった。