香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

父、還る

f:id:shusaku1:20200815233227j:plain

 

今日は朝から、深圳との国境付近にある

 

辺境の村に住む友人宅を訪ねた。

 

ずっと都会の真ん中で生活しているせいか

 

この連休は田舎に行きたい、と思っていた。

 

f:id:shusaku1:20200815232822j:plain

f:id:shusaku1:20200815232932j:plain

f:id:shusaku1:20200815232917j:plain


 

友人一家は、

 

3階建ての一軒家に住んでおり、

 

この土地は、丁権と呼ばれる政策によって、

 

〝新界現居民〟と言われる香港の原住民

 

だけに使用が認められている。

 

ただ、この丁権は養子などではない直系の

 

男子しか継承することができず、

 

もし、子供が全員女だった場合は、

 

土地を全て政府に返さねばならない。

 

f:id:shusaku1:20200815232850j:plain

f:id:shusaku1:20200815232902j:plain

 👆 村で唯一の店

 

友人の家を訪れるのはまさに12年振りだ。

 

昔は、辺り一帯全て田園だったのに、

 

今回訪ねてみると、周囲には家が林立し、

 

みんな賃貸として貸し出しているという。

 

 

まあ、香港で庭付き一戸建てなんて、

 

羨ましい限りなのだが、ここまで田舎だと、

 

通勤も大変だし、買い物も不便極まりない。

 

それで、将来、小説に専心する際には、

 

友人の家の二階を借りる約束をした。

 

f:id:shusaku1:20200815233157j:plain

f:id:shusaku1:20200815232624j:plain

 

友人のお母さんが作ってくださった

 

お昼ご飯を食べた後、村を散策して回った。

 

途中、小さな貯水池に続く山道があり、

 

行ってみることにした。

 

 

村には至る所、野生のバナナやパパイヤ、

 

レモンやドラゴンフルーツの木があり、

 

用水路には、

 

メダカやオタマジャクシが泳いでいた。

 

そんなに暑くもなく、蚊にも噛まれなかった。

 

太陽の光も、草の匂いも、風も心地いい。

 

野花の周りをアゲハやモン白蝶が舞い、

 

ススキの間を赤とんぼが飛び交っている。

 

ずっと家に籠っていたので、

 

自然に触れ、すごく身体が喜んでいる。

 

友人とおしゃべりしながら歩くのも楽しく、

 

もう、歩いても歩いても全く疲れない。

 

川のせせらぎの音、草いきれ、友人の声、

 

と、一匹のカナブンが僕の肩にとまり、

 

そのままにしていると、また飛んでいった。

 

f:id:shusaku1:20200815233104j:plain

f:id:shusaku1:20200815233053j:plain

f:id:shusaku1:20200815233001j:plain

  

そうやって、

 

今、ここに在る神を感じながら歩く。

 

すると突然、

 

神を感じている自分など存在しておらず、

 

ここに在る神、それ自身が真の自分だった、

 

という深い気づきに包まれた。

 

ああ、自分こそが、

 

この神の流れそのものだったんだ、

 

本当の自分は、感じている側ではなく、

 

その〝感じ〟それ自体だった、と、

 

大きな悦びが湧いてきて泣きそうになった。

 

 

神に気づこう、とか、赦して神へ帰る、とか、

 

ハートの悦を感じようとしている私ではなく、

 

はなから自分は、神と同じものであり、

 

天国のエクスタシーそれ自体が真の私だ。

 

うまく説明できないが、

 

感じている側の私ではなく、

 

感じ〝それ〟そのものが私なのだ。

 

f:id:shusaku1:20200815233239j:plain

f:id:shusaku1:20200815232611j:plain

 

夕方の遅い時間に、アパートへ戻ってきた。

 

しばし、夕闇迫る暗い部屋の中に、

 

悦びそのものとなって、静かに佇んでいた。

 

blog.hoshitani-shusaku.com