香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

いるはずの場所

f:id:shusaku1:20200815232746j:plain

 

 

今〝自分の居場所〟について考えている。

 

 

というのも、香港や職場や友人関係といった、

 

自分がいま、存在している〝場所〟に対して、

 

ここのところ、妙な違和感を覚え始めているのだ。

 

 

例えば、僕を含め、多くの人たちが、

 

職場、家庭、学校、コミュニティ、人間関係、など、

 

本質の自分は、ここにいることを嫌っているのに、

 

肉体の自分は無理やりそこに居続ける、

 

ということをしながら暮らしている。

 

もともと、

 

合わない場所で、合わない事をやっているので、

 

そこから、様々な葛藤が生まれ、不安に襲われる。

 

ある意味〝自分責め〟状態で過ごしている。

 

 

僕の場合、

 

器用にその〝場〟に適応できてしまうため、

 

色々感じながらも、根性で乗り切れてしまう。

 

それでも、神が入って以降は、愛が循環し始め、

 

内側だけで愛を感じていれば、

 

会社にいても、どこにいても、みんな大好きだし、

 

あんまり関係ないかな、みたいな感じでいた。

 

しかし、ここへきて、今のスタンスに対して、

 

ああ、もう、いいかな、と思っている。

 

f:id:shusaku1:20200815232733j:plain

 

なんていうんだろう、う~ん…、たとえば、

 

スーパーで長年レジ打ちをしていた松田聖子が、

 

「あれ、私、なんでレジ打ちなんかしているの?

 

 本当はもっと違う場所に居てもいいような気が…」

 

と、ある時ふと我に返った、みたいな違和感…?。

 

「この仕事を失ったら大変なことになる、

 

    と思って、嫌な上司にも耐えてはいるけれど、

 

    なんか、ここ、違う気がする…」

 

と考えながら、レジ打ちしている松田聖子…?。

 

 

要するに、何が言いたいかというと、

 

本質の自分とあまりにかけ離れた場所で、

 

本質の自分と全く合わないことを

 

している時の違和感を説明したかった。

 

 

まあ、こんな感じで僕も、

 

ここにいるのは違うような気がする、

 

という感覚が日に日に大きくなってきている。

 

また、その違和感に抵抗している自分もいる。

 

松田聖子が、スーパーアイドルになるために、

 

レジ打ちの仕事を辞めることに抵抗している、

 

といった類の抵抗が自分にも起きている。

 

 

また、背後の〝それ〟(愛/神/悦び)そのもの

 

で在ることがリアルになればなるほど、

 

もっと別の、どんな場所にも行っても大丈夫、

 

という確信と歓びが湧き上がってくると同時に、

 

旅立ちの別れのような寂しさや切なさも感じる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

というわけで、

 

そこでしかやっていけない、そこでしか無理、

 

が無くなってしまった。

 

もうどこにいても大丈夫。

 

なぜなら、いつも自分は、

 

背後(全て在る場所/神の想い)そのものだから…。