香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

聖なる決断

f:id:shusaku1:20200815232758j:plain

↑ 駐禁取り締まり専門スタッフ

  制服が茶色なのでコーヒーおじさんと呼ばれる

  この二人、一瞬双子かと思った

 

香港では、コロナ対策のために禁止されていた

 

18時以降の店内飲食が、今週金曜から、

 

1時まで営業してもよいことになり、

 

映画館も再開されることが決まった。

 

しかし、ジムはまだ再開されないみたいなので、

 

しばらくダンベルでの家トレは続きそうだ。

 

 

今日は、出社して10時-16時の時短勤務である。

 

僕は、3年前に他社へ売却したフィリピン工場の

 

財務を引き続き管理しているのだが、

 

いまはフィリピン工場へ出張できないので、ずっと、

 

リモートで財務諸表のチェックなどをしている。

 

それで、今日は、

 

売却先の会社へ報告する7月の月次報告書を、

 

〝必死のパッチ〟で作成していた。

 

 

損益計算書、貸借対照表、総勘定元帳、と、

 

乖離のある数字を抜き出して理由を問い合わせ、

 

ひとつひとつ原因と対策を追及してゆく。

 

やりながら、ふと、思った。

 

なんで、さほど好きでもないことを、

 

こんなにも必死コイてやっているのだろう?

 

ぶっちゃけ、よその工場の事なんか、

 

何の興味もないし、何の関心も無い。

 

それでも、長年やってきて慣れてもいるし、

 

香港での暮らしや、安定した生活など、

 

この仕事をすることで、得られるメリットもある。

 

 

もう、昨日書いた、

 

レジ打ちしている聖子ちゃん状態である。

 

作業に没入しながらも感じる、

 

いるはずの場所にいない、という違和感…。

 

したい事と、している事が違う、という不一致感…。

 

背後の神の流れの中で感じる、

 

全てが在る感覚とあまりにもかけ離れた、

 

しっくりこない感じ…。

 

f:id:shusaku1:20200808234355j:plain


 

 

〝自分が今、

 

 いるはずの場所に居ない、ことは分かった。

 

 したい事としている事が違う、ことも了解した。

 

 その上で、自分はこの職務をちゃんと全うする、

 

 と決めたんだ。

 

 腹をくくり、今は、ここでこれをすると決断した〟

 

 

と、決然として〝自分で〟決めた上でそれをやる。

 

今自分がやっている行為を決して否定せず、

 

やっている事と、思っている事の矛盾を責めない。

 

それが、

 

今の自分に寄り添う最も優しい選択だと思った。

 

これをする必要があるから、自分はここにいる。

 

よっしゃ、オーケー、今はこれをやる。

 

矛盾?違和感?知ってる、でも関係ねーよ。

 

モヤモヤしながらそれを続けるのと、

 

全て了承した、覚悟の上でやるのとでは、

 

表面的な行為は同じでも、

 

意識の上では、天と地の差がある、と思うのだ。

 

f:id:shusaku1:20200815232810j:plain

 

そんな感じで、午後4時に退勤した。

 

帰りの電車の中はガラガラだった。

 

明るい日差しを受け、しばし、車内で瞑想した。

 

深く背後へと潜り、愛そのものの自分へ戻る。

 

 

ああ、もう〝ここ〟で〝これ〟をする必要はない、

 

どこへ行こうが、全ては背後に在り、

 

自分は〝それ〟(神/愛)そのものだった。

 

 

今回のコロナ禍は、僕を根底から変えた。

 

あのまま、忙しくいろんな場所を飛び回っていたら、

 

自分が、レジ打ち聖子ちゃん状態であったことに、

 

ずっと気づくこともなかっただろう。

 

 

本当の意味で、自分への信頼が回復してきている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com