香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

無限の全体

f:id:shusaku1:20200911014646j:plain

 👆このカフェ、なぜか美女が集まる。

   自分を持っているきれいな女の子、

   好きです。 

 

 

時短勤務のため、

 

毎日、4時過ぎには事務所を出るので、

 

帰りに家の近くのカフェに立ち寄り、

 

一旦気分をリセットしてから帰宅している。

 

なるべくスマホはいじらず、白ワインを注文し

 

そこで1時間ほど本を読んで過ごす。

 

最近は、ずっとアニータの本を読んでいたが、

 

台湾の作家である白先勇の本を読んだりする。

 

こういう、仕事とプライベートの境目に、

 

ほんの少しホッとできる時間を設けることで、

 

たとえ、何かすったもんだがあったとしても、

 

気分を再設定してから家へ戻ることができる。

 

f:id:shusaku1:20200911014723j:plain

 

こうしてここ一週間ほど、仕事帰りにカフェで

 

アニータの本を読んでいて悟ったのが、

 

うわっ、最悪、としか思えないような

 

出来事の渦中にいたとしても、

 

それが本当に最悪かどうかなんて、

 

渦中の自分には解らない、ということである。

 

 

アニータだって、

 

小学校時代、壮絶いじめに遭っていた時や、

 

癌との闘いに苦しんでいたその瞬間は、

 

「うわ最悪や!ドツボや!終わってるやん!」

 

と、なんで自分がこんな目にあうのか、

 

前世のカルマか、自分の行いが悪かったのか、

 

と、頂点マックスで苦しんでいたと思うのだが

 

今になって思えば、その体験があったからこそ

 

臨死体験が起こり、大いなる意識を体験でき、

 

癌が治って人々に影響を与えるようになった。

 

そうやって、

 

当時〝ドツボ〟だと思って悩んでいた体験は、

 

本当はドツボでも何でもなかった、と、

 

後になって知ることになる。

 

 

f:id:shusaku1:20200911014658j:plain

 

なので、

 

今、何が起こっていようと、起こっていまいと

 

これが最悪な事か、最善な事か、なんて、

 

自分にはうかがい知れないことだ、と、ただ、

 

抵抗せずに見過ごしてゆくだけである。

 

もちろん、テンパるのなら、大いにテンパり、

 

苦しいのなら、思い切り苦しんでいい。

 

ただ、それが最悪の事態かどうかなんて、

 

決して分からないのだから、

 

毎回そこへ立ち返ることで、

 

少なくとも、

 

自分を責めることはしなくなり、

 

全てに抵抗を止めてリラックスしよう、

 

という気になる。

 

 

そうなのだ。

 

うわっ、最悪やん!ドツボやん!

 

というようなことが起こったら、

 

あ、何かしらうまくいくんだろうなあ、

 

いい事のために起きてるんだろうなあ、

 

くらいに思っていればいい。

 

 

その一環として、気分を変えようと、

 

仕事帰りに、カフェで白ワインを飲みつつ、

 

好きなことをすることで、

 

何だかわからないけどいい感じ、となり、

 

それが呼び水となって、自分の内側にある

 

〝無限の全体〟へと入ってゆける。

 

 

というわけで、

 

リラックスは究極のいまここだ、

 

と思う今日の僕であった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com