香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

内なる世界

f:id:shusaku1:20200913021624j:plain

 

今日の香港は終日大雨であった。

 

それにしても、

 

香港の都市機能ってすごいと思う。

 

アパートの前からバスに乗りさえすれば、

 

雨の日でも傘をささずに会社まで辿り着ける。

 

香港島は岩でできた山状の島になっているため

 

降った雨は海へと流れ込み、浸水被害もない。

 

地震も起こらず、雪も降らないので、

 

自然災害とはほとんど無縁の都市だと言える。

 

f:id:shusaku1:20200913021557j:plain

 

というわけで、今週も時短勤務である。

 

朝10時に出社👉昼食後に30分瞑想(爆睡)👉

 

午後4時半ごろ退勤👉カフェで白ワイン&読書

 

👉ジムで自主トレor書き物or家で何やかや

 

というサイクルをここ1週間繰り返している。

 

 

今日もまた、

 

業務メールのやり取りをしていて、

 

こんな書き方をしたらどう思われるかな、とか

 

CC:にこの人も入れるべきかどうか、とか、

 

あの人からのメールに何だか嫌な予感、

 

といった思いが、頭の解釈を一切通さず、

 

即座に背後の無限へと渡されてゆく。

 

すると、

 

「何だか分からないけれど、

 

 よい具合になっていくんだろうなあ」

 

という、根拠のない納得感が生まれてくる。

 

 

午前中、こんな事ばかりしているものだから、

 

昼休みの瞑想(別名爆睡)の最中には、

 

なんか、思考の泡ぶくのようなものが、

 

シュワシュワとただ背後へ流れ続けるだけ、

 

といった不思議な現象にも見舞われた。

 

 

こうやって内側のリアルに留まり続けていると

 

外側の世界までもが内側のようになってきて、

 

空間が愛でいっぱいに満たされているように

 

感覚化されてくる。

 

外側も〝自分の中〟のように思えてきて、

 

結果、怖いものがなくなってくる。

 

そのまま自分自身でいても怖くない、

 

というか、どこにいても自分のおウチ状態…。

 

 

とはいっても、僕はまだまだ、

 

内側に留まることに慣れていないので、

 

行きつ戻りつな状態なのだが、

 

それでも少しづつ、

 

無限の全体が定着していっている。

 

f:id:shusaku1:20200913021545j:plain

 

話は変わって、

 

このブログの読者の方ならご存じだと思うが、

 

占星術師である石井ゆかり氏の、

 

〝筋トレ週報〟を読むのが大好きである。

 

以前、何を思ったのか、

 

〝筋トレ、スピリチュアル〟で検索したら、

 

これが出て来た。

 

毎週金曜の夜に、次週の運勢を、

 

それぞれの星座ごとに伝えてくれるのだが、

 

その文章がもう、愛に溢れていて暖かいのだ。

 

占いが当たっているかどうか、

 

なんて、この際どうでもよい。

 

彼女の週報は、そんなものを超越している。

 

とにかく毎週、愛のある言葉で、

 

僕を優しい気持ちにさせてくれ、

 

元気にしてくれている。

 

note.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com