香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

密かな願望

f:id:shusaku1:20200925135433j:plain

 

以前、タメ口事件や、恐怖のハッピー事件を、

 

みなさんにご紹介したと思うが、

 

自分が嫌っている人間、または、

 

見ていて赦せない人間というのは、

 

自分が心の中で否定し、抑圧した感情が、

 

背後で繋がっている想いの筒を通して、

 

相手に投影されて顕われている、ということが

 

本当の意味で、理解できて来た。

 

 

皆、人それぞれ、しょっちゅうではないけれど、

 

人生の中で定期的に現れる、

 

〝嫌いな人〟というのがいる。

 

例えば、

 

空気を読まず、何でもズケズケ言う人が嫌い、

 

細かいことを言ってくる人が死ぬほど嫌い、

 

なれなれしい人が嫌い、謝らない人が嫌い、

 

など、人や場所や状況も違うのに、なぜか、

 

同じパターンの人が目の前に出現するのだ。

 

 

僕の場合で言えば、

 

自分は年下年上関係なく礼節を重んじて、

 

丁寧な言葉使いをしているのに、なぜか、

 

年下なのにタメ口をきいてくるやつ、とか…。

 

 

そんなとき、コース兄弟だと、

 

自分の中の、あると思っている分離の想いや、

 

罪悪感を、それは無かったとして赦そうとする。

 

聖霊に委ね、明け渡し、修正を依頼する。

 

それでも、やっぱりモヤモヤは無くならない。

 

忘れた頃にまた、手を変え品を変え、

 

同じような人が出現する。

 

で、解かった。

 

本当は、

 

自分が密かに〝やりたい〟と思っている事を、

 

自分の前でやってのけている人を見て、

 

ムカついている。

 

ある意味、自分で自分を嫌っているので、

 

赦す、なんて絶対に無理なのだ。

 

f:id:shusaku1:20200925135448j:plain

 

 

自分は礼節を重んじて敬語で話しているのに、

 

タメ口で来られたら、おまえーっ、となるのは、

 

本当は、礼節を重んじたくなかったからだ、

 

礼節を重んじて我慢してやっているから、

 

抑圧された思いがスクリーンに投影され、

 

そういうタメ口で来る人が出現していた。

 

 

本当は、自分が、タメ口を聞きたかった。

 

本当は、自分が、ズケズケ言いたかった。

 

本当は、自分が、細かい事を指摘したかった。

 

本当は、自分が、出しゃばりたかった。

 

相手がやってる〝嫌い〟なことは、本当は、

 

自分がやりたいと思っていることだった。

 

 

いやいや、自分にはそんな部分なんかない。

 

いやいや、自分はそんな醜いことなどしない。

 

いやいや、自分が、死ねなんて思うわけない。

 

しかし、自分が自分で嫌っている部分を、

 

他人に押し付けて見ているので、

 

自分の中を探しても無いのは当たり前である。

 

 

だから、先ずは、ムカつく、コノヤロー、死ね、

 

という感情を、持っててもいい、と受け入れる。

 

相手をキライでもいい、と肯定してやる。

 

そのうえで、

 

自分に何を我慢させているのか見てみる。

 

 

気分が悪かったら、ツンケンしていていい、

 

怖かったら、人のせいにしたっていい、

 

話を聞いてほしければ、

 

自分の事ばかり喋りまくったっていいんだ。

 

いつも謝ってばかりなら、死んでも謝るな。

 

自分が嫌っている人がやっていることを、

 

自分にさせてやることを許可する。

 

実際に人前で実行してみせなくてオーケーだ。

 

先ずは、頭の中で認めてあげること。

 

 

しかし、これって、一回勇気を振り絞って、

 

人前でやってみると、パッと消える。

 

対象の人物が変わるか、いなくなるかする。

 

以前は、クソみたいな自分を直視するなんて

 

サイテーと思っていたが、実際やってみると

 

苦しいどころか、すごく解放される。

 

そしてそれが、

 

他人に投影したものを自分に戻すことになり、

 

まず自分に戻って初めて、

 

赦すことができるのだと悟った。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

と、そこである実験をしてみた。

 

コンババ部長はじめ、年下の人物全員と、

 

タメ口で話すようにしたのだ。

 

それも、べたべたの関西弁のタメ口である。

 

「~やってるんちゃうん?」

 

「そんなん、ありえへんやろ」

 

「俺に言われても、わからん」

 

メールでも、以前は、よろしくお願いいたします、

 

だったのが、ただの、お願いします、にした。

 

すると、不思議なことに、

 

向こうが敬語を使ってくるようになったのだ。

 

コンババ部長が、~やっていただけますか、

 

などと言ってきたりするので、

 

気持ち悪いったらありゃしない。

 

 

密かに自分がやりたいと願っていた願望を

 

実行してやることで、投影が引き取られたのだ。

 

投影が消えた後の彼は愛そのものとなった。

 

 

赦せないと思っている他人の嫌な部分は、

 

本当は自分がそれをやってみたかった、

 

という、密かな願望を象徴しているのだ。