香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

圧(お)されて、逝く!

f:id:shusaku1:20201013225509j:plain

 

時短勤務は今日までとなり、

 

来週からはまた9時-18時の通常勤務に戻る。

 

午後4時に帰れる最後の金曜日、ということで、

 

早速、マッサージに行ってきた。

 

 

僕は基本、肘や手の関節などは使わず、

 

必ず指だけで指圧をしてもらっている。

 

肘や手の甲で押されると、ツボに当たらないし、

 

擦られるような感じで皮膚がヒリヒリするのだ。

 

しかし、指だけの指圧は、

 

マッサージ師にとって、

 

指への負担がとても大きいのだという。

 

なので、いつもチップを弾み、ひいきにしている

 

おばさんマッサージ師さんにやってもらうのだが

 

今日はその人が休みだったので、仕方なく、

 

仙人みたいなおじいさんにやってもらった。

 

 

で、この人がすごかった。

 

ちゃんと指圧を勉強した人なのだろう、

 

ツボを軽く、ぐりぐりと圧されるだけで、

 

細胞に波動のような感覚が広がってゆく。

 

様々な部位を押されたび、

 

そこに気持ちよさの渦が立ち上がる。

 

 

これはもう、今、この瞬間の気持ち好さを

 

味合わないと損だ、とばかりに、

 

指圧される部位に集中する。

 

しかし、体がリラックスしてくるにつれ、

 

次第に眠くなってきて、気が付けば、

 

最後の15分くらいは夢の中だった。

 

 

マッサージって、すっごくスピ的で、どこか、

 

ヨガとかと、通じるものがあるような気がする。

 

自分の存在を確認していく行為、というか、

 

自分(神)に気づいていく儀式のようで面白い。

 

 

それに、それぞれの部位に加えられる

 

刺激から立ち上がる気持ちよさを

 

ちゃんと味わおうとすればするほど、必ず、

 

今、この瞬間に集中していなければならない。

 

さもなければ、すぐに、思考が浮遊し始め、

 

今、この瞬間の気持ちよさから離れてしまう。

 

f:id:shusaku1:20201014234026j:plain

 

多分、僕たちは、

 

日常でも、これと同じことをしているのだろう。

 

起きている事や考えていることに邪魔をされ、

 

常にここに在る歓びの流れをスルーしている。

 

 

なので、日常のあらゆる場面で立ち止まり、

 

今、この瞬間に在る神に抵抗せず、

 

リラックスしながら、

 

背後の無限に開いていることで、

 

ハートのエクスタシーの流れに気づいていける。

 

そして最後は、これが神の愛の想いであり、

 

自分はその愛そのものだったことに気づくのだ。

 

 

というわけで、

 

なにはともあれ、リラックスをして、

 

背後側の〝無限のひとつ〟に開き、

 

〝幸せな歓びの流れ〟に身を任せている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 まずは、

 

神の子である自分を愛することである。

 

なぜなら、

 

自分を愛さずに責めてばかりいると、

 

〝自分が〟責めると決めている状態で、

 

兄弟を真に愛することなどできない、

 

と思うから…。

 

 

👇 更新したよ! 

shusaku1.hatenadiary.jp