香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

去り行く場所

f:id:shusaku1:20201013225535j:plain

👆 香港の薬局は赤い電飾が基本

 

背後の内側に広がる無限の全体こそが神であり

 

愛そのものであり、自分そのものであった、

 

という気づきの中を生きるようになってくると、

 

外側の肉体同士でやっていることが、

 

いかに狂っていて茶番であるかが、

 

ありありと実感できてくる。

 

 

今日も、ZOOMを使った全体会議の中で、

 

香港支社の売上と仕入れの粗利率が、

 

前年より10%多い理由を分析してください、

 

と社長に言われて僕は、はい、と答えた。

 

他の社員の人たちもそれぞれ、

 

不良率や、生産ラインの稼働率について、

 

いろいろ質問されていた。

 

 

この時僕は、

 

もう、これら現実の枠組みの中に、

 

自分を合わせ込んでいく必要はないのだ、

 

と思った。

 

背後の世界を本当に信頼していればいい。

 

もちろん、僕はまだ、

 

会社という組織の一員なので、

 

外側同士のやり取りの中では、はい、と答え、

 

やるべきことは淡々とやる。

 

しかし、背後側では、

 

無限の豊かさと愛に満ちている場所にいて、

 

そこですでに起こっている〝歓びの感じ〟

 

を体感している。

 

僕の中ではもう、その歓びは起きているのだ。

 

f:id:shusaku1:20201013225631j:plain

 

自分は何もしなくても、

 

このままで完璧に愛されている存在であり、

 

無限の全体として全ては自分の中にある。

 

今、この瞬間に意識を開いていれば、

 

現実の世界がどうであろうと、関係がなくなる。

 

何もしなくても、もうすぐ自然に変わってゆく、

 

と、強い確信を以って分かるからだ。

 

 

もちろん、変化の際には、

 

不安や恐怖が普通に出てくる。

 

こわいよーっ、とちょちょ舞いたくなる。

 

でも、仕事や、外側の出来事によって出てくる

 

不安や恐怖とは全く種類が違うと断言できる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

今の僕は、なんていうか、

 

古い自分が見ていた、消えてゆく残像の中を、

 

まだかろうじて生きている、といった感じである。

 

 

すでに、無限の全体の中では起きていて、

 

もうすぐ現実のスクリーンにも現れてくるだろう

 

新しい豊かさ、新しい出会い、新しい光の場所に

 

ワクワクしながら…。

 

 

 

👇 また更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp